Vyondの評判・口コミまとめ|メリットとデメリットも解説

  • Vyondってなに?
  • Vyondはどんなメリットやデメリットがあるの?
  • Vyondの評判や口コミを参考にしたい

Vyondが良いって聞くけど、実際の評判・口コミがあるのか詳しく知りたい」と思っている方は多いでしょう。

そこで今回は、Vyondの概要やメリット・デメリットを解説するとともに、実際に使用している方の評判・口コミを紹介します。

この記事を読むことで、Vyondの評判について理解することができますよ。

目次

Vyondとは

Vyondとは

Vyond(ビヨンド)とは、アメリカで生まれたアニメーション動画ソフトです。

Vyond内のキャラクターやオブジェクトを並べるだけで、印象的なアニメーション動画を制作できます。

アニメーション動画制作はプロ級のスキルが必要なので、初心者には不向きではないか?

たしかにテキスト・ビデオアニメーションを作るためには上級者レベルの知識とスキルが必要です。

しかし、Vyondはあらかじめテンプレートが用意されているので、初心者でも簡単にクオリティの高い動画を制作できます。

Vyondの評判・口コミまとめ

Vyondの評判・口コミまとめ

・Vyondって本当に使いやすいソフトなの?

・Vyondを使っている人の評判や口コミを知りたい

Vyondの評判・口コミを参考に購入を決断しようと思っている方は多いでしょう。

今回はSNSから、Vyondの評判・口コミを探してみました。良い口コミだけではなく悪い口コミも紹介します。

Vyondの良い口コミ

Vyondの動画編集スキルが身につくと、クラウドソーシングサイト内で高単価の案件を獲得できるようです。

YouTubeの動画編集の仕事は3,000円〜が相場なので、より稼ぎたい人は一般的な動画編集の仕事よりもVyondが向いているかもしれません。

実写よりもアニメーションを使った広告の方が、ユーザーからの良い反応を得られたという口コミを発見しました。

Vyondの広告動画に反響があれば、継続的な仕事に繋がる可能性もあります。また、実写はモデルを起用するために費用がかかりますが、Vyondは月額料金だけなのでコストを抑えられるのも特徴です。

Vyondはテンプレートがたくさんあるため、1からアニメーションを作るよりも遥かに効率的です。また、需要に合わせて動画を作れるため、安定した収入にも期待できます。

Adobe社が提供している動画編集ソフト「Premiere Pro・After Effects」よりも使いやすい口コミを発見しました。

こだわった解説動画やPR動画を製作する場合、一般的には半日〜数日かかるのも珍しくありません。しかしVyondは、数時間程度で制作できることもあります。

【良い口コミのまとめ】

・Vyondは高単価の案件を獲得しやすい

・テンプレートが揃っているので作業効率が格段にアップする

・市場の需要に合わせやすい

Vyondの悪い口コミ

Vyondは手軽にアニメーション動画を制作できますが、サブスクリプションを含めたランニングコストがかかりやすいのが特徴です。

Vyondの動画編集でお金を稼ぐためには、最初は赤字覚悟で始める方も多いでしょう。

誰でも簡単に始めやすいからこそ、Vyondを使った動画編集者が飽和することも考えられます。継続的に稼ぐためには、専門性の高いスキルを身につける必要があるそうです。

上記以外にも「Vyondは価格が高い」という口コミを多数発見しました。

【悪い口コミまとめ】

・サブスクリプションを含むランニングコストが高い

・誰でも簡単に動画製作ができるため、専門性がないと稼ぐのが難しい

Vyondのメリット・デメリットを解説

Vyondのメリット・デメリットを解説

実際にVyondを使っている方の評判・口コミをふまえて、メリット・デメリットを紹介します。

【Vyondのメリット・デメリット】

メリット ・専門的なスキルが不要

・案件の単価が高い

・顔出し不要

デメリット ・料金が発生する

・ライバルと似た動画になりやすい

・初心者は高単価の案件を獲得できない

Vyondの3つのメリット

【Vyondのメリット】

・アニメーションに関する専門的な知識やスキルは不要

・一般的な動画編集の案件よりも高単価の案件が多い

・顔出し不要で人気になれる

①アニメーションに関する専門的な知識・スキルが不要

Vyond最大のメリットは、アニメーションに関する専門的な知識・スキルがなくてもクオリティの高い動画が作れることです。

Vyondはあらかじめ用意されたキャラクターやオブジェクトを並び替えるだけで動画を制作できます。

パワーポイントのような操作画面に似ているため、直感的に操作できる方も多いはずです。

【Vyondの基本機能】

・テキストの入力

・キャラクターの入れ替え

・背景の作成

・チャートやグラフの挿入

・キャラクターのカスタマイズ

・オリジナル画像の作成

・音声やサウンドの追加

Vyondはアニメーションを用いた広告動画の作成が主流ですが、プレゼンテーションなどの用途としても活用されています。

②案件の単価が高い

Vyond_案件の単価が高い

※クラウドワークス参照

動画編集の案件のなかでも、テロップ挿入やカット作業は1本あたり1,000〜3,000円が相場です。

一方でVyondの案件は50,000〜100,000円と高単価。継続的な仕事を前提としている案件も多いため、Vyondを使って定期的な収入を得られます。

③顔出し不要

「人気を得るためには顔出しが必要」

今までは顔出しすることが大切と言われてきましたが、Vyondはキャラクターがセリフを話してくれるため、顔出しが不要です。

容姿に自信がない方や身バレを防ぎたい方にもおすすめ。他人から見られているストレスを回避できるのも嬉しいポイントです。

また、カスタマイズすることで実在する人物に似せたキャラクターを作ることもできます。

Vyondの3つのデメリット

【Vyondのデメリット】

・買い切り版ではないので契約期間中は料金が発生する

・Vyondを使った動画編集者と似たような動画に仕上がってしまう

・Vyondを使ってもすぐに高単価の案件は獲得できない

①買い切り版ソフトではないので契約期間中は発生する

Vyondは買い切り版ソフトではないので、契約期間中は料金が発生します。

Vyondは「Essential・Premium・Professional」の3種類のプランがあり、それぞれ搭載されている機能と費用が異なります。

【Essentialプラン】

プラン 価格
1年契約 299ドル(約33,000円)
毎月契約 49ドル(約5,400円)

【Premiumプラン】

プラン 価格
1年契約 649ドル(約71,000円)
3ヶ月契約 219ドル(約24,000円)
毎月契約 89ドル(約9,600円)

【Professionalプラン】

プラン 価格
1年契約 999ドル(約110,00円)
3ヶ月契約 399ドル(約43,000円)
毎月契約 159ドル(約17,000円)

最も低価格なのは「Essential」プランですが、著作権保護を目的としたウォーターマークが強制的に挿入されたり低画質だったりと機能制限があります。

商用利用を検討しているなら、「Premium」または「Professional」プランを選ぶべきですが、毎月かかる費用は他のソフトと比べて高いのがデメリットです。

各プランの違いやVyondを安く購入する方法について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

Adobe Web
Vyondの料金価格は高い?プラン別の特徴と安く購入する方法を徹底解説 動画編集ソフトの1つであるVyondの料金価格について解説します。高いと感じる人に向けて、安く購入する方法も紹介します。

②Vyondを使った動画編集者と似たような動画に仕上がってしまう

Vyondはあらかじめ用意されたテンプレートを組み合わせるため、他の動画編集者と似たような動画に仕上がってしまうのがデメリットです。

オリジナリティがない動画は差別化がしにくく、高単価の案件を獲得するのも難しくなります。

Vyondは初心者でも始めやすい動画編集ソフトですが、そこから突出して稼ぐためには専門的な知識・スキルが必要になります。

また動画のクオリティを左右するのは編集スキルだけではなく、動画の構成を組み立てる企画力も大切です。ストーリー性に違和感を持たれる動画は印象に残らず、商品やサービスの購入につながりません。

③Vyondを使ってもすぐに高単価の案件は獲得できない

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで案件を獲得するためには、実績・信用が重要です。

・Vyondを使った動画編集ができます

・Vyondに詳しいです

このようにアピールしても依頼主はイマイチ信用できません。案件獲得のために必要なのは、今まで誰とどんな仕事をしてきたのかです。

まずは単価の低い仕事をこなして、実績とアカウントの信用を積み上げましょう。

まとめ

今回はVyondの概要と評判・口コミについて解説しました。

【おさらい】

・Vyondはキャラクターやオブジェクトを並べるだけで、印象的なアニメーション動画を制作できる

・テンプレートがたくさんあるので、動画編集の初心者でもクオリティの高い動画に仕上げられる

・クラウドソーシングサイトでは高単価の案件が多い

・Vyondを使って稼ぐためには専門的な知識やスキルの他に企画力が必要

初めから高単価の案件を獲得するのは難しいですが、実績・信用を作ることで動画編集で稼げるとわかりました。副業を探している方にピッタリなので、ぜひ試してみてください。

また動画編集ソフトに悩んでいる方は、下記表に目的に合わせた動画編集ソフトについて纏めています。興味のある内容がありましたら、是非確認してみて下さいね。

項目 詳細
動画編集ソフトのおすすめまとめ 迷ったらコレ!
プロ向けの動画編集ソフト 本気で動画編集したい人向け
Macにおすすめの動画編集ソフト Macを持っている人向け

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる