Shotcutは無料で使える?使い方やダウンロード・初期設定方法を解説

Shotcutは完全に無料で使える、動画編集ソフトです。

しかしShotcutの使い方についてよく分かっていない方は多いのではないでしょうか?

本記事ではShotcutの基本的な使い方から、エフェクトと言った拡張機能から、トラブルシューティングまでをご説明致します。

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。

また動画編集ソフトに悩んでいる方は、下記表に目的に合わせた動画編集ソフトについて纏めています。興味のある内容がありましたら、是非確認してみて下さいね。

項目 詳細
動画編集ソフトのおすすめまとめ 迷ったらコレ!
プロ向けの動画編集ソフト 本気で動画編集したい人向け
Macにおすすめの動画編集ソフト Macを持っている人向け
目次

Shotcutとは?完全無料の動画編集ソフト

Shotcutとは?完全無料の動画編集ソフト

Shotcutは完全無料で使える、オープンソースの動画編集ソフトです。

100%無料の動画編集ソフトなので、有料版へのアップグレードもありません。アカウント登録も不要なので、有料プラグインソフトの購入や、メール配信もありません。

Shotcut公式サイトから、インストールファイルをダウンロードするだけで、すぐに動画編集を始めることができます。

Windows、MacOS、Linuxに対応しているので、全てのコンピューターで使う事が可能です。

Shotcutは商用利用が出来る?

Shotcutは完全無料ですが、利用制限無しなので、商用利用も可能になっています

無料で使える動画編集ソフトでは、一部商用利用を禁止したソフトもありますが、Shotcutは編集した動画の利用制限はありません。

Shotcutで編集した動画を、会社のプロモーションに利用出来ます。YouTubeに投稿して、収益化をすることも可能です。

Shotcutの拡張性

Shotcutの拡張性は無料動画編集ソフトの中でも、トップクラスと言えます。

動画や画像内の特定の色だけを、透かして別の画像や動画を合成できますし、クロマキーを使わずに、別の動画や画像を合成することも簡単です。

Shotcutは無料の動画編集ソフトですが、機能は有料ソフトにも劣りません。

非常に多くの動画フォーマットに対応していることも、Shotcutの拡張性の特徴です。

Shotcutの基本的な使い方を4ステップで解説

Shotcutの基本的な使い方を4ステップで解説

Shotcutの基本的な使い方は、プロジェクトを作ることから始まります。

プロジェクトを作成したら、撮影した動画ファイルを取り込み。必要な部分の動画のトリミングして、編集した動画ファイルを書き出して、動画の編集作業が終わります。

Shotcutでプロジェクトを作成

Shotcutでプロジェクトを作成するには、新規プロジェクトの設定を行います。

プロジェクトとは編集内容を保存する、メインのファイルのことです。プロジェクト内に必要な、素材ファイルを取り込んでから、編集作業が始まります。

プロジェクトを作成する場合には、任意のフォルダを指定してプロジェクトの保存先を作ります。プロジェクト名前を付けて、どのような動画を編集してるか管理しましょう。

一般的には各種OSに最初から用意されている、「ビデオ」や「ムービー」のフォルダ内にプロジェクトを作成していきます。

Shotcutプロジェクトと、動画の保存場所の設定については、下記YouTube動画を参考下さい。

Shotcutに動画素材をインポート

Shotcutでプロジェクトを作成したら、プロジェクト内に動画ファイルを取り込みます。

動画ファイルの取り込みはインポートと呼ばれ、必要な動画ファイルをプロジェクト内にインポートします。

Shotcutでプロジェクトを作成した後、画面の左側に動画ファイルをドラッグ&ドロップして下さい。面倒な手間が無く、簡単に動画ファイルのインポートが終わります。
ここまでの作業をしてから、動画の編集作業が始まります。

Shotcutで動画ファイルをトリミング

Shotcutにインポートした動画ファイルを、プレイリストから選んで、画面右側の「プレビューウィンドウ」へドロップします。

プレビューウィンドウの下側に、再生バーが表示されているので、必要になる部分の始めと終わりを指定してください。

その後、選択した部分を「タイムラインウィンドウ」にドラッグすることで、動画のトリミング作業が終わります。

複数の動画ファイルでトリミング作業をする場合には、同じ作業を繰り返すことで、実際に繋ぎ合わせたい部分をトリミングすることが出来ます。

Shotcutでファイルを書き出し

Shotcutで編集した動画は、ファイル形式を指定して書き出すことで、パソコンやスマホで見れる動画ファイルにします。

編集した動画を書き出すことは、「エンコード」と呼ばれています。「エンコードは編集したプロジェクトを、1つの動画ファイルにする事です。

Shotcutでファイルを書き出すには、「書き出し」タブから行います。

H.264 Baseline Profile」を選んで、MP4ファイルにして下さい。その他、解像度やアスペクト比は、撮影したカメラのフォーマットに合わせるのが基本です。

解像度1920×1080がフルHDの画質で、一般的なカメラで撮影した動画は、フルHDの画質になっています。
アスペクト比は動画の縦と横の比率、YouTubeにアップロードするには16:9になります。カメラの設定を変更しない限り、解像度は1920×1080で、アスペクト比は16:9になります。

ここまでご説明したことがまとめられた、YouTube動画があります。その他にも音声の入れ方も説明されているので、この動画も参考にすることで、Shotcutの基本的な使い方が分かるでしょう。

Shotcutのエフェクト

Shotcutのエフェクト

Shotcutには多彩なエフェクトが用意されており、とても無料の動画編集ソフトとは思えません。

エフェクトとは、動画や画像に加工処理をして、効果を追加する事です。画像に「ぼかし」を入れることも、エフェクトの一つの機能になります。

Shotcutのエフェクト機能は、「フィルタ」から利用して下さい。動画にエフェクトをかける事で、編集した動画をよりドラマチックに、仕上げる事が出来ます。

ぜひShotcutのエフェクト機能を使って、動画編集の楽しみを感じてみて下さい。

Shotcutでクリップにエフェクトをかける

Shotcutの「ファイルを開く」から、エフェクトをかけたい動画を選択して下さい。プレイリストに登録した動画を、タイムラインにドラッグ&ドロップすれば準備は終わります。

Shotcutのタイムライン上で、フィルタをかけるクリップの位置を合わせてください。

画面左側の「フィルタ」パネルから、フィルタリストの左下にある「+」をクリックすれば、利用可能なフィルタの一覧が表示されます。
Shotcutのエフェクトで、「ホワイトバランス」を選べば、動画の色味を調整できます。

朝焼けや夕焼け、青空を色鮮やかに演出できますし、ぼかしと組み合わせることで、ドリーミングな動画に仕上げることが可能です。

「ぼかし」は単純に人の顔や、場所を分かりにくくするためではなく、ぼかす量を調整することで、まるで夢を見ているようなイメージに仕上げることができます。

動画にエフェクトをかけることで、より深いイメージを演出することができますよ。

Shotcutで字幕にエフェクトをかける

Shotcutでは挿入した字幕にも、エフェクトをかけることができます。

動画に文字を追加するだけでなく、字幕にエフェクトをかけることで、より視聴者の気持ちを高ぶらせる事でしょう。

字幕も動画の大切な素材です、字幕にもしっかりエフェクトをかけることで、視聴者の心をあなたの動画に引き込むことができます。
Shotcutを使うならエフェクトをかけて、さらに高品質な動画の編集に挑戦してみて下さい。

Shotcutのダウンロードから初期設定まで

Shotcutのダウンロードから初期設定まで

ここまではShotcutの使い方や、機能のご説明をしてきました。

Shotcutに興味をお持ちなら、ぜひインストールして動画の編集作業を体験して下さい。

ここではShotcutのダウンロードから、日本語化までの作業をご説明いたします。

Shotcutのダウンロード

Shotcut公式サイトにアクセスしたら、あなたが使ってるOSのインストーラーをダウンロードして下さい。

Shotcut公式サイト

「Show downloads for GNU/Linux/macOC/Microsoft Windows」と表示があります。各種OSに合わせたファイルをダウンロードして下さい。

  • LinuxはLinux portable tar
  • macOSはmacOC dmg
  • WindowsはWindows installer

Site 1(FossHub)、Site 2(GitHub)と表示されていますが、どちらからも同じファイルがダウンロード出来ます。

Shotcutのインストール

Shotcutのインストールは、ダウンロードしたファイルをクリックするだけです。

macOSもWindowsもインストール作業は同じです。ダウンロードファイルをクリックしたら、利用許諾を承諾して下さい。

英語で説明がかかれていますが、「I Agree」をクリックしないと、インストールが出来ません。

インストール先のフォルダを設定しますが、そのままで問題ないので「Next」をクリックして先へ進みます。

最後にインストールオプションの画面が表示されますが、特に設定の変更は必要ありません。Install」をクリックして、Shotcutのインストール作業を終了して下さい。

Linuxの場合には、インストール作業は不要です。ダウンロードしたファイルをクリックすれば、Shotcutが立ち上がるようになっています。

Shotcutの日本語化

Shotcutは海外製の動画編集ソフトなので、最後に日本語化を行いましょう。Shotcutの日本語化は特に難しい作業はありません。

インストール後に最初にShotcutを立ち上げたら、画面上部のメニューバーに「Settings」と言う項目があります。「Settings」はShotcutの基本設定を行う機能です。

「Settings」から「Language(言語)」と進み、「Japaniese(日本語)」を選ぶだけです。

Shotcutを再起動すれば、日本語化されて立ち上がります。

日本語化できたら、インストール作業は完了です。Shotcutでの動画編集をお楽しみください。

Shotcutの良くあるトラブルシューティング

shotcutの良くあるトラブルシューティング

Shotcutのレビュー記事や口コミを見ると、ごくまれにトラブルがあるようです。

一般的には問題なく使えるShotcutですが、万が一の場合にトラブルシューティングをお知らせ致します。

Shotcutが起動しない?

ごく稀にShotcutが起動しないことがあります。

起動しない問題は、パソコンのスペックが低い時です。Shotcutは32bit版のWindowsにも対応している、軽く動く動画編集ソフトです。

一部の事務用途や、ネットサーフィン中心のパソコンでは、起動しない場合があります。

  • CPU:Core iシリーズ
  • メモリー:8GB以上
  • HDD:256GB以上

上記のスペック以上のパソコンで、インストール後に起動にしない場合には、インストール作業がちゃんと終わらなかった事が考えられます。

Shotcutを一度アンインストールしてから、再度インストール作業をして下さい。

再インストールのオプション画面では、「Remove Shotcut Setting Frome Registry(過去にインストールしていた場合の古いレジストリー設定を削除する)」にチェックマークを入れてください。
Shotcutの過去のインストール作業のメモリーをクリアにします。

Windowsで頻繁にクラッシュするの?

Shotcutで使われているOpenGLと言うコードが、パソコンのビデオカードドライバーと互換性がない可能性があります。

Shotcutの「設定」から「描画方法」へ進み、OpenGL以外を選んで下さい。

パソコンショップ製の、カスタマイズされたパソコンだとごくまれに起きる事があります。

まとめ

Shotcutの使い方に関する記事は以上です。

完全無料で使えるソフトなので、動画編集ソフトを無料で使いたい方は利用してみると良いでしょう。ただ副業や仕事で動画編集を行いたい方は、もっと有名なソフトを使うことをおすすめします。

理由としては発注側も有名ソフトを使う場合が多いので、作った動画を共有しやすいからです。

自分の状況と照らし合わせて、適切なソフトを選択しましょうね。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. AdobeのPremiere Proは、YouTubeの動画編集から、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われています。操作も使いやすく、その他After Effects・Illustrator・Photoshopという同じAdobeソフトを併用することで、さらに質の高い動画を作ることが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる