Premiere Proを使って静止画を動かす方法を徹底解説

・Premiere Proを使って静止画を動かす方法を知りたい

・静止画を動かすためにどんな編集が必要なの?

・初心者でもクオリティの高いビデオアニメーションを作りたい

Premiere Proを使って静止画を動かすアニメーションを作りたいと思っている方は多いでしょう。

本記事では、Premiere Proを使って静止画を動かす方法をご紹介します。

また、初心者でもクオリティの高いビデオアニメーションを作る方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

Premiere Proを使って静止画を動かす方法を解説

Premiere Proを使って静止画を動かす方法を解説

Premiere Proを使って静止画を動かす手順は、以下の通りです。

【Premiere Proを使って静止画を動かす手順】

  1. Premiere Proのプロジェクトパネルに素材を追加する
  2. タイムラインに素材を並べる
  3. 「スケール」の数値を調節する
  4. 「位置」の数値を調節する
  5. 「回転」の数値を調節する

①Premiere Proのプロジェクトパネルに素材を追加する

Premiere Proのプロジェクトパネルとは、像・動画・音源素材をまとめて保管しておく場所です。

あらかじめプロジェクトパネルに素材を追加しておくことで、編集時にデータの取り出しがスムーズにおこなえます。

【Premiere Proのプロジェクトパネルに素材を追加する方法】

  1. ファイルから「読み込み」を選択する
  2. プロジェクトパネルに素材をドラッグ&ドロップする
  3. プロジェクトパネルで右クリックから「読み込み」を選択する

画像・動画・音源素材がたくさんある場合は、プロジェクトパネル内にある「ピン」機能がおすすめです。

「ピン」とはプロジェクトパネルに追加した素材をさらに細分化してまとめられる機能です。

たとえば、「旅行1日目の動画」や「花火大会の動画」など、日付やテーマごとに分けることもできます。

②タイムラインに素材を並べる

タイムラインとは、画像・動画・音源素材にエフェクト・トランジションを適用する編集スペースです。

タイムラインに素材を並べたら不要な場所をカットしましょう。

【Premiere Proで素材をカットする方法】

・レーザーツールを使用する

・ショートカットキーを使う

Premiere Proでは上記の2種類の方法で素材をカットできます。

基本的にはご自身のやりやすい方法で構いませんが、動画編集のスキルを身につけたいならショートカットキーがおすすめです。

あらかじめ「レーザーツール」や「編集点を追加」などのカットツールをショートカットキーに割り当てることで、短時間で効率良く編集作業ができます。

また、タイムラインに素材を追加したときにシーケンスと画像の幅が合っていないことがあります。

premiere_pro_静止画_動かす_タイムラインに素材を並べる

そんなときは対象の素材を右クリックしてから「フレームサイズに合わせる」を選択してください。

たとえば、シーケンス設定が「1920×1080」なら画像も同じサイズまで自動で調節してくれます。

③「スケール」の数値を調節する

・画像をズームしたい

・画像を縮小したい

このような映像効果は基本的に「エフェクトコントロールパネル」にある「スケール」を使います。

画像をズームする方法

【画像をズームする方法】

  1. タイムラインに素材を追加する
  2. 「エフェクトコントロールパネル」を開く
  3. 始点にキーフレームを打つ
  4. 時間を進めて数値を入力する

Premiere Proのタイムラインに素材を追加する方法は冒頭でも解説したので、手順②から解説します。

①「エフェクトコントロールパネル」を開く

対象となる素材を選択後、Premiere Proの左上にある「エフェクトコントロールパネル」を開きます。

premiere_pro_静止画_動かす_画像をズーム

通常の数値が「100」であり、編集を加えることによって拡大・縮小ができます。

【スケールと数値の関係性】

・100以上:拡大する

・100:通常の数値

・100以下:縮小する

つまり、画像をズームしたいときはスケールの数値を100以上に設定する必要があります。

②始点にキーフレームを打つ

キーフレームとは、エフェクトなどの映像効果を始める場所に印を打つことです。

premiere_pro_静止画_動かす_始点にキーフレームを打つ

編集を加えたい部分に再生ヘッドを移動させて、上記画像の通りストップウォッチのマークをクリックしてください。

キーフレームを打たないと静止画を動かすことはできません。必ずキーフレームのアイコンが白色から青色に変わっていることを確認してください。

③時間を進めて数値を変更する

始点にキーフレームを打ったら、再生ヘッドを進めて静止画を拡大させる終点を決めます。

premiere_pro_静止画_動かす_数値を変更

終点が決まったら、基準の数値である100から好きな数値に変更してください。(上記画像は300に設定)

エフェクトコントロール内には、始点と終点の2つのキーフレームが表示されます。

キーフレームやスケールの数値は何度も変更できるため、再生しながら調節してください。

④「位置」の数値を調節する

・静止画を右から左に動かしたい

・スライドショーのような映像を作りたい

このような映像を作るときは、「エフェクトコントロールパネル」にある「位置」の数値を調節します。

静止画を上下左右に動かす方法

【静止画を上下左右に動かす方法】

  1. タイムラインに素材を並べる
  2. 「エフェクトコントロールパネル」を開く
  3. 「位置」の数値を変更しながら始点を決める
  4. 「位置」のキーフレームを打つ
  5. 「位置」の数値を変更しながら終点を決める

手順①〜②の方法は前述した方法と同じなので、ここでの解説は割愛します。

①「位置」の数値を変更しながら始点を決める

premiere_pro_静止画_動かす_数値を変更2

対象となる素材を選択後、エフェクトコントロールパネル内にある「位置」の数値を変更しながら始点を決めます。

【位置で決められること】

・上下左右方向の配置

②「位置」のキーフレームを打つ

premiere_pro_静止画_動かす_キーフレームを打つ

映像をスタートさせる場所が決まったら、「位置」のキーフレームを打ちます。

③再生ヘッドを移動させて終点の数値を決める

再生ヘッドを移動させながら終点の時間を決めます。そして、終点に合わせて位置の数値も変更してください。

premiere_pro_静止画_動かす_終点の数値を決める

位置の数値に正解はないため、実際にプレビューしながら調節してみてください。

premiere_pro_静止画_動かす_調節

「位置」の数値を大幅に変更すると、上記画像のように静止画がフレームアウトしてしまいます。

「位置」の数値を決めるときは、フレームサイズの範囲内で調節しましょう。

Premiere Proに対応しているおすすめテンプレートサイト

エフェクトコントロールを使った基本的なアニメーションではなく、プロのようなクオリティの高い動画を作りたいと思っている方も多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、Premiere Proに対応しているビデオアニメーションテンプレートサイトです。

【おすすめ無料テンプレートサイト】

・mixkit

mixkit

premiere_pro_静止画_動かす_mixkit

mixkit」とは、動画・音楽などの各種テンプレートをすべて無料でダウンロードできるサイトです。

【mixkit】

・登録不可で商用利用できる素材がたくさんある

・有料版のサイト並みにクオリティの高い素材がある

・Instagramのストーリー用の動画素材もある

画像とテキストアニメーションを組み合わせたテンプレートがあるので、誰でも簡単にクオリティの高い動画を制作できます。

また、YouTubeのエンディングで使用できるテンプレートも配布しているのも魅力です。

まとめ

今回はPremiere Proで静止画を動かす方法をご紹介しました。

【おさらい】

・エフェクトコントロールパネルにある「スケール」や「位置」の数値を変更すると静止画を動かせる

・静止画とフレームサイズが一致しないときは、右クリックから「フレームサイズに合わせる」を選択する

・初心者でもクオリティの高い動画を作りたいならテンプレートサイトを活用するのがおすすめ

Premiere Proで使用できるテンプレートサイトとして「mixkit」をご紹介しました。「mixkit」を使用する方法を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
Premiere Proのおすすめ無料テキストアニメーション3選 ・Premiere Proのおすすめテキストアニメーションを知りたい ・Premiere Proにテンプレートを追加して使用する方法は? ・自分好みのフォントをダウンロードしたい テキ...

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる