Premiere Proでエンドロールを作成する方法を徹底解説

・映画やドラマのエンディングにあるエンドロールを作りたい

・Premiere Proでエンドロールを作れるの?

このような悩み・疑問を抱えている方は多いと思います。

そこで今回は、Premiere Proでエンドロールを作る方法を解説します。基本的な操作だけなので、動画編集の初心者でも簡単に実践できます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

Premiere Proでエンドロールを作成する方法

【Premiere Proでエンドロールを作成する手順】

  1. メモ機能にエンドロールのテキストを作成しておく
  2. Premiere Proに素材を追加する
  3. 「レガシータイトル」を作成して「ロール・クロールオプション」を選択する
  4. メモに作成したテキストをコピー&ペーストする
  5. 「ロール・クロールオプション」のアニメーションを選択する
  6. エンドロールをタイムラインに追加してスピードを調整する

①メモ機能にエンドロールのテキストを作成しておく

Premiere Proを開く前に、PCのメモ帳を使ってエンドロールのテキスト作成しておきましょう。

【あらかじめエンドロールテキストを作成しておく理由】

・コピー&ペーストだけでエンドロールが作成できる

・テキストツールを使って文字を書くよりも作業効率が良い

・文字の大きさやバランス、位置を整えやすい

PCに搭載しているメモアプリやGoogleドキュメント、Wordなど、テキストを残しておけるツールならどれでも構いません。

Premiere Pro エンドロール

上記画像のように、エンドロールで流したいテキストをまとめておきましょう。

②Premiere Proに素材を追加する

エンドロールの背景に動画を流さない方は、手順②を飛ばして手順③からご覧ください。

動画とエンドロールを同時に流したい方は、手順②を参考にしてみてください。

Premiere Proのプロジェクトパネルに背景として流したい素材を追加します。

【Premiere Proに素材を追加する3つの方法】

  1. ファイルから「読み込み」を選択する
  2. プロジェクトパネルに素材をドラッグ&ドロップする
  3. プロジェクトパネで右クリックをして「読み込み」を選択する

上記の方法ならどれでも素材を追加できるので、ご自身のやりやすい方法を選びましょう。

③「レガシータイトル」を作成して「ロール・クロールオプション」を選択する

Premiere Pro エンドロール

「ファイル」→「新規」→「レガシータイトル」の手順で、レガシータイトルを表示させます。

続いて、以下画像の赤枠で囲っているアイコンを選択して、「ロール・クロールオプション」の「ロール」をチェックします。

Premiere Pro エンドロール

※「ロール・クロールオプション」は、エンドロールの仕上げをするときにも使うので、手順を覚えておいてください。

④メモに作成したテキストをコピー&ペーストする

「ロール・クロールオプション」の設定が完了したら、テキストツールを選択します。

そして、画面左上から中央右下にかけてドラッグ&ドロップすると、以下画像のように枠が表示されます。

Premiere Pro エンドロール

ドラッグ&ドロップで表示させた枠の中に、手順①で作成したテキストをコピー&ペーストします。

Premiere Pro エンドロール

このままだとテキストが左寄りになってしまうので、レガシータイトルのメニューにある五本線のアイコンを使って、「右寄り」に体裁を整えます。

このアイコンはテキストの「左揃え・中央揃え・右揃え」を設定するものです。WordやExcel、Googleドキュメントなどのツールにも搭載しています。

先ほどコピー&ペーストしたテキストを「右揃え」にしましょう。後ほど細かく整えるので、ここではざっくり設定しても大丈夫です。

テキストツールから選択ツールに切り替えて、コピー&ペーストしたテキストの枠を選択します。「alt(option)」キーを押しながらテキストの枠を右にスライドさせて、枠を複製してください。

Premiere Pro エンドロール

「Shift」キーを押しながらスライドさせると、テキストを真横に複製できます。

このままでは左側と同じテキストになっているので、右側のテキストを削除後、手順①のメモから該当するテキストを右側にコピー&ペーストします。

右側のテキストは「右揃え」に設定後、全体のバランスをみながら位置を調節してください。

エンドロールのテキスト設定は以上の手順で完了です。フォントや文字サイズ、位置は実際にプレビューしながら調節してください。

⑤「ロール・クロールオプション」のアニメーションを選択する

エンドロールテキストの入力が完了したら、「ロール・クロールオプション」の「開始スクリーン・終了スクリーン」の項目にチェックを入れます。

【タイトルの種類】がロールになっていることを合わせて確認してください。

「ロール・クロールオプション」のアニメーションをチェックすることで、テキストが流れるエンドロールの動きになります。

⑥エンドロールをタイムラインに追加してスピードを調整する

レガシータイトルのメニューを閉じて、Premiere Proで実際にアニメーションを確認してみてください。

もし、エンドロールのスピードが速い場合は、クリップの長さを調整することで解決します。

【クリップの長さとエンドロール速度の関係性】

・クリップが短い:エンドロールの流れるスピードが速い

・クリップが長い:エンドロールの流れるスピードが遅い

エンドロールの長さはBGMや背景映像の尺によって決めるのが主流です。

エンドロールに一手間加えてクオリティを上げる方法

【Premiere Proでエンドロールを作成する方法】の章で解説した方法に一手間加えることで、映像の質がグッと上がります。

  1. メモ機能にエンドロールのテキストを作成しておく
  2. Premiere Proに素材を追加する
  3. 「レガシータイトル」を作成して「ロール・クロールオプション」を選択する
  4. メモに作成したテキストをコピー&ペーストする
  5. 「ロール・クロールオプション」のアニメーションを選択する
  6. テキストの「フォントサイズ」と「位置」を調節する
  7. 動画の「スケール」と「位置」調節する

手順①〜⑤は、【Premiere Proでエンドロールを作成する方法】の章で解説した方法と同じなので、ここでの説明は割愛させていただきます。

①テキストの「フォントサイズ」と「位置」を調節する

レガシータイトルから、画面右側にあるメニューを開きます。

Premiere Pro エンドロール

テキストの大きさを調節するときは、フォントサイズの数値を調整します。

【フォントサイズ】

・100以下:文字が小さくなる

・100:通常サイズ

・100以上:文字が大きくなる

動画とテキストを同時に流すエンドロールの場合、フォントサイズを小さくして右に寄せる必要があるため、100以下の数値に設定します。(今回は50)

フォントサイズは左右のテキストで揃えましょう。

左側が80、右側が50だった場合、左右のバランスが悪くなるので見づらくなってしまいます。

テキストの「位置」とは、エンドロールをどこに流すのかを表しています。今回は右寄せにするため、選択ツールを使って好きな場所に移動させましょう。

②動画の「スケール」と「位置」を調節する

動画を「左寄せ」かつ小さくするためには、エフェクトコントロールから「スケール」と「位置」を調節します。

Premiere Pro エンドロール

「位置」や「スケール」の数値に正解はないので、テキストのバランスをみながら調節してみてください。

まとめ

今回はPremiere Proでエンドロールを作成する方法をご紹介しました。

【おさらい】

・Premiere Proで簡単に映画やドラマのエンディングが作れる

・レガシータイトルなど基本的な操作ばかりなので、初心者でも実践できる

「スケール」や「位置」をアレンジすることで、オリジナリティの高いエンドロールを作ることができます。

ぜひ本記事の内容を参考にエンドロール作りを楽しんでみてください。

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる