Premiere Proで音が出ないとに確認する3つの項目

・Premiere Proで編集をするときに音が出なくなってしまった

・PCが故障しているのかソフトのバグなのか知りたい

・プロジェクトパネルでは音が出るのにタイムラインで音が出ない

今回は上記のような悩み・疑問を抱えている方に向けて、Premiere Proで音が出ないときに確認するポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

Premiere Proで音が出ないときに確認する3つのポイント

  1. ソロトラックになっている
  2. ミュートになっている
  3. 右または左のみオーディオが割り当てられている

動画編集の初心者に起こりやすいミスとして、主に上記の3つが挙げられます。

何らかの誤操作でミュートやソロトラックになっている場合もあるので、以下で解説することをチェックしてみてください。

原因①ソロトラックになっている

ソロトラックは指定したトラックを単独で再生する役割があります。たとえば上記画像のように、A1が「S:ソロトラック」だとA2からは音が出なくなります。

ソロトラックはどんなシーンで使うの?

特定のトラックを何度も繰り返し再生して音質や音量を確認するときにソロトラックが活躍します。

たとえば以下のように複数のトラックが重なっている場合、A1のトラックを編集しようとするとA2、A3のサウンドも再生されてしまうため、A1の音が聞き取りにくくなります。

そんなときにA1をソロトラックに指定すれば、A2〜A3のサウンドに影響を受けることなくスムーズに編集できます。

「S」がイエローになっているとソロトラックがONになっています。「S」を再度クリックするとソロトラックが解除されます。

原因②ミュートになっている

ミュートは指定したトラックから音を出さない役割があります。上記画像のように「M:ミュート」になっている場合、A1のトラックからは音が出ません。

ミュート機能はどんなシーンで使うの?

ミュート機能はさまざまなシーンで活用できます。たとえばインタビュー動画で放送禁止用語を話す瞬間のみミュートにする方法もあります。

「M」のアイコンがグリーンだとミュートがONになっているので、解除したい場合は「M」を再度クリックしてください。

原因③オーディオチャンネルが片方だけ指定されている

通常、トラックはR(右)とL(左)から音を出すのですが、Adobeのアップデートによるバグや誤操作によって片方しか音が出なくなる現象が起こります。

片方しか音が出ないときはエフェクトから「右チャンネル(または左チャンネル)」と検索してください。

・右から音が聞こえない場合:左チャンネルを右チャンネルに振る

・左から音が聞こえない場合:右チャンネルを左チャンネルに振る

続いて「左チャンネルを右チャンネルに振る」をトラックのクリップにドラッグ&ドロップします。

このように音が聞こえない方にチャンネルを振ってあげるとトラックが両側から再生されるようになります。

【どうしても直らないとき】Premiere Proのバージョンを下げる方法

・すべての方法を確認したけど、やっぱり音が出ない

・音だけではなく他の機能も不調

Adobe Premiere Proは、アップデートによってバグが発生することもあります。

Premiere Proではこのようなバグは珍しくないので、バグが解消されるまで旧バージョンを使うのが主流となっています。

「ついついPremiere Proをアップデートしてしまった」という方は、以下の手順で旧バージョンに戻してみてください。

【旧バージョンに戻す方法】

  1. Adobeのアカウントにログインして現在のバージョンを確認する
  2. Premiere Proを以前のバージョンに戻す

①Adobeのアカウントにログインして現在のバージョンを確認する

Adobeのアカウントにログイン後、インストール済みアプリからPremiere Proを探します。

そして赤枠のメニューから「他のバージョン」を選択してください。

上記画像の通り、現在最新バージョンのPremiere Proを使っていることがわかります。万が一、最新バージョンで大きなバグが見つかった場合は旧バージョンに戻してみましょう。

②Premiere Proを以前のバージョンに戻す方法

Adobeにログイン後、「他のバージョン」から一つ前のPremiere Proをインストールします。この方法はPremiere Proだけではなく、PhotoshopやIllustratorなどをバージョンダウンさせるときも同じです。

またAdobeの各種アプリ・ソフトの自動更新を止めたい場合は、Adobeにログインをしてから「環境設定」→「自動更新」のメニューバーを停止方向にスライドします。

まとめ

今回はPremiere Proで音が出ないときの原因と対処法をご紹介しました。

【おさらい】

・ソロトラックになっていないか確認する

・ミュートになっていないか確認する

・片方しか音が出ない場合はオーディオチャンネルを両方に指定する

主に上記の原因が考えられますが、どうしても直らない場合はPremiere Proのバージョンアップまたはバージョンダウンをしてみましょう。

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる