Photoshop|モザイクの作り方を解説!一部にかける方法も紹介

・Photoshopでモザイクをかける方法を知りたい

・画面全体と一部だけにモザイクをかけることはできるの?

PhotoshopはAdobe社が手がける画像編集・加工ソフトです。さまざまな機能が搭載されており、画像にモザイクをかける演出もできます。

今回は、Photoshopを使って【画面全体にモザイクをかける方法】と【画面の一部だけモザイクをかける方法】を解説します。ぜひ参考にしてみてください。
目次

Photoshop|モザイクの活用事例

Photoshopには「モザイク」ツールが搭載されており、選択範囲に対して適用することで、画面をぼかすことができます。

有名YouTuberの「ヒカキン」氏は、YouTube動画のサムネイルにモザイクを適用することで、視聴者のワクワク感をくすぐっています。

Photoshop|モザイクの活用事例

出典:https://youtu.be/Y2lZH3hG-7A

一般的なモザイクは人物の顔ですが、Photoshopでは画面全体や背景だけをぼかす演出も可能です。

Photoshop|画面全体にモザイクをかける方法を3ステップで解説

モザイクの基本的な使い方を学ぶために、画面全体にモザイクをかける方法をご紹介します。

【画面全体にモザイクをかける方法】

  1. Photoshopに画像を読み込む
  2. 「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択する
  3. 「セルの大きさ」を調節する

①Photoshopに画像を読み込む

Photoshop_モザイク_画像を読み込む

Photoshopに画像を読み込む方法は、以下の2通りです。

【Photoshopに画像を読み込む方法】

  1. 上部メニュー「ファイル」から「読み込み」を選択する
  2. 新規ドキュメント作成後、カンバスに直接ドラッグ&ドロップする

上記であれば、どちらでも構いません。ご自身のやりやすい方法を選択してください。

新規ドキュメントで設定した縦×横サイズと画像サイズがあっていないときは、選択ツールなどで画像を移動させて配置を決めてください。

②「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択する

画像を配置後、上部メニューの「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択します。

Photoshop_「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択

「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」の項目が表示されない場合は、レイヤーパネルで画像を選択していないと考えられます。

モザイクを適用したいレイヤーを選択後、上記の手順で操作を進めてください。

③セルの大きさを調節する

Photoshop_モザイク_セルの大きさを調節する

「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択すると、上記画像のメニューが表示されます。

【セルの大きさ○平方ピクセル】の数値を高くするほど、モザイクが濃くなります。

元の画像を少しだけ見せたいなら、極端に数値を上げすぎないようにしましょう。数値には正解がないので、実際にプレビューしながら調節してください。

Photoshop_モザイク_完成系

モザイクをかけると、上記画像のように全体に「ぼかし」効果を適用できます。

Photoshop|画像の一部にモザイクをかける方法

Photoshopは、画像の一部にモザイクをかけることもできます。

【画像の一部にモザイクをかける方法|2通り】

  1. 人物の顔だけモザイクをかける方法
  2. 人物にモザイクをかける方法
それぞれの方法の手順を解説します。

人物の顔だけモザイクをかける方法

【人物の顔だけモザイクをかける方法】

  1. レイヤーをスマートオブジェクトに変換する
  2. 「楕円形ツール」でモザイクの範囲を決める
  3. 「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」
  4. 「セルの大きさ」を調節する

手順③・④については、【Photoshop|画面全体にモザイクをかける方法】の章を参考にしてください。

①レイヤーをスマートオブジェクトに変換する

スマートオブジェクトとは、配置した写真・画像・イラストの画質を落とさずに編入できる機能です。

最大の魅力は、元データの情報を保持したまま編集できることです。後から何度でもやり直しができるため、モザイクや切り抜きなどの編集をするときにとても活躍します。

Photoshopで画像の一部にモザイクをかける方法_レイヤーをスマートオブジェクトに変換

【スマートオブジェクトに変換する方法】

  1. モザイクをかけたいレイヤーを選択
  2. 「フィルター」→「スマートフィルター用に変換」を選択
元画像にフィルターがかかるため、何度でもモザイクのやり直しができます。

②「楕円形ツール」でモザイクの範囲を決める

モザイクをかけたいレイヤーを選択後、「楕円形ツール」を選択します。

Photoshopで画像の一部にモザイクをかける方法_楕円ツールを使う

「楕円形ツール」を起動後、人物の顔に合わせて範囲を選択します。キーボードの「Shift」を押しながらカーソルを動かすと丸円を描くことができます。

そして、「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」でモザイクの濃度を調節してください。

Photoshopで画像の一部にモザイクをかける方法_濃度の調節

「楕円形ツール」を使ってモザイクをかけると、上記のような仕上がりになります。

ほかにも「なげなわツール」や「クイック選択ツール」を使ってモザイクの範囲を決めることもできます。

人物にモザイクをかける方法

続いて、人物のシルエットすべてにモザイクをかける方法を解説します。

【人物にモザイクをかける方法】

  1. Photoshopに画像を読み込む
  2. クイック選択ツールで被写体を囲む
  3. 「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」
  4. 「セルの大きさ」を調節する

手順①・③・④は冒頭でも解説しているため、ここでは割愛します。

①クイック選択ツールで被写体を囲む

Photoshopに画像を追加後、選択ツールで被写体を囲みます。

【選択ツールの種類】

  1. オブジェクト選択ツール
  2. クイック選択ツール
  3. 自動選択ツール

基本的に上記の方法ではどれでも構いません。しかし、髪の毛や衣類の曲線など、細かい部分を選択するなら手動で範囲を指定する「クイック選択ツール」がおすすめです。

Photoshop_人物にモザイクをかける_クイック選択ツール

選択ツールのなかには、「被写体を選択」ツールがあります。ボタンをクリックするだけで自動で被写体を認識・選択する優れものです。

選択範囲が決まったら、「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」の手順で「セルの大きさ」を調節してください。

Photoshop_人物にモザイクをかける_セルの大きさを調節

「クイック選択ツール」を使ってモザイクをかけると、上記のような仕上がりになります。

もっとクオリティにこだわるなら、「クイック選択ツール」で選択範囲を指定後、「境界線をぼかす」で被写体と背景のつなぎ目をぼかしてみましょう。

【おまけ】背景にモザイクをかける方法

・撮影場所を隠したい

・背景だけモザイクをかけたい

Photoshopは背景だけモザイクをかけることもできます。

【背景だけモザイクをかける方法】

  1. 「クイック選択ツール」で被写体を選択する
  2. 右クリックから「選択範囲の反転」を選択する
  3. 「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」
  4. 「セルの大きさ」を調節

「クイック選択ツール」で被写体を選択した後から解説します。

右クリックから「選択範囲の反転」を選択します。

Photoshop_背景にモザイクをかける_選択範囲の反転

先ほど「クイック選択ツール」で指定した範囲ではない場所が選択されます。

「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」の手順で「セルの大きさ」を調節してください。

Photoshop_背景にモザイクをかける_セルの大きさを調節

「選択範囲の反転」ツールを活用すると、上記画像のように背景だけモザイクをかけることができます。

まとめ

今回は、Photoshopでモザイクをかける方法をご紹介しました。

【おさらい】

・Photoshopは画面全体や背景だけをぼかす演出ができる

・SNSに投稿する写真やYouTubeのサムネイル作成などに活用できる

Photoshopのモザイク機能は、さまざまな用途で活用できるとわかりました。ぜひ本記事の内容を参考に、モザイクツールを使ってみてください。

最後になりますが、WEBデザインの技術を駆使すれば、副業で稼ぐことから自身の仕事にすることもでき、あなたの可能性をさらに高めていくことが可能です。

フォトショップの使い方についてもっと知りたいのですが...

フォトショップのできることや、細かい動作の使い方については「フォトショップでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説」にて纏めております。

Adobe製品をコスパ良く使う方法はありますか?

実は公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を使うことによって、公式HPからを買うよりも約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。

細かい情報は「Adobe CCを安く購入する裏ワザ」に纏めてあります。

興味のある内容がありましたら、是非上記の記事も確認して見て下さいね。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる