Photoshopで線画抽出する方法は?綺麗に行うコツも紹介

・Photoshopの線画抽出ってなに?

・Photoshopで線画抽出する方法を知りたい

・線画抽出した後に不要な部分を削除したい

PhotoshopはAdobe社が手がける写真加工・編集ソフトです。合成画像を作成したり画像にテキストを加えたりと、さまざまな用途で活用できます。

今回はPhotoshopで線画抽出する方法と、線画抽出後に不要な部分を削除する方法を解説します。ぜひ参考にしてみてください。
目次

Photoshop|写真から線画抽出する方法を解説

【Photoshop|写真から線画抽出する方法】

  1. Photoshopで線画抽出したい画像を開く
  2. 「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択する
Photoshopで写真の線画抽出する方法、たった1ステップで完了します。

①線画抽出したい画像を開く

【Photoshopで画像を開く方法】

・新規ドキュメント作成後、ドラッグ&ドロップで画像を配置する

・新規ドキュメント作成後、画面上メニューの「ファイル」→「読み込み」を選択する

②「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択する

Photoshopで画像を開いたら、「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択します。

Photoshop|写真から線画抽出する方法

「輪郭のトレース」のメニューが開くので、線画がくっきり表示される数値まで調節しましょう。

以上の手順をおこなうだけで、写真から線画抽出できます。

Photoshop|線画抽出後の不要な部分を削除する方法

・写真の輪郭を抽出すると、不要な部分が表示されてしまう

・不要な部分を削除する方法を知りたい

【線画抽出後に不要な部分を削除する方法】

  1. 背景レイヤーから新規レイヤーに変更する
  2. 選択ツールで範囲を指定する
  3. 「選択範囲を反転」で不要な部分を削除する

①背景レイヤーから新規レイヤーに変更する

線画の不要な部分を削除するためには、背景レイヤーから新規レイヤーに変更しておく必要があります。

画面上のメニューから「背景」→「新規」→「背景からレイヤーへ」を選択してOKをクリックしましょう。

背景レイヤーでは鍵マークが表示されていますが、新規レイヤーに変更すると鍵マークが消えます。

②選択ツールで範囲を指定する

Photoshopには、さまざまな選択ツールが搭載されています。

【Photoshopの選択ツール】

・長方形選択ツール

・クイック選択ツール

・なげなわツール

・マグネット選択ツール

など

選択ツールは用途に応じて使い分ける必要があります。建物のようにカクカクしているものを指定するときは、マグネット選択ツールがおすすめです。

左のメニューから「マグネット選択ツール」をクリックして、範囲を囲みます。

線画の不要な部分を削除するときは、写真の「必要な部分」または「不要な部分」どちらかを選択ツールで囲みます。

※どちらでも構いません。

今回はマグネット選択ツールで「必要な部分」を指定します。線が切れている場合は余白を大きく選択しましょう。

③「選択範囲を反転」で不要な部分を削除する

Photoshop|線画抽出後の不要な部分を削除する方法

  1. 選択ツールで建物を囲む
  2. 「選択範囲を反転」をクリックする
  3. 選択範囲を反転させたまま「Deleteキー」をクリックして削除する

選択ツールを活用することで、建物の線画だけ残して背景や空などの不要な部分を削除できます。

Photoshop|線画抽出を綺麗におこなうコツ

「輪郭のトレース」で線画抽出すると、カラーが不自然になったり不要な部分が残っていたりします。

Photoshopの線画抽出を綺麗におこなうコツを解説します。

・輪郭を鮮明に表現する方法

・薄い輪郭線をなくす方法

それぞれの手順を解説します。

輪郭を鮮明に表現する方法

【輪郭を鮮明に表現する方法】

  1. Photoshopに画像を配置する
  2. 「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択
  3. 「イメージ」→「色調補正」→「白黒」を選択する

手順①・②は冒頭でも解説しているため、ここでは割愛します。

①「イメージ」→「色調補正」→「白黒」を選択する

Photoshop_輪郭を綺麗にする方法_白黒を選択

Photoshopに画像を配置後、「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択します。

そして、「イメージ」→「色調補正」→「白黒」をクリックしてください。

Photoshop_輪郭を綺麗にする方法_結果

カラーではなく白黒で表現することにより、輪郭が鮮明になります。

薄い輪郭線をなくす方法

色調補正を白黒にするだけでも輪郭が鮮明に表現されますが、さらに手を加えると薄い輪郭線が消えて見えやすくなります。

【薄い輪郭線をなくす方法】

  1. Photoshopに画像を配置する
  2. 「フィルター」→「表現方法」→「輪郭のトレース」を選択
  3. 「イメージ」→「色調補正」→「白黒」を選択する
  4. 「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「レベル補正」
  5. 「レベル補正」の数値を調節する

手順①〜③は冒頭の内容を参考にしてみてください。

①「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「レベル補正」

前述した【輪郭を鮮明に表現する方法】を実践後、「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「レベル補正」を選択します。

Photoshop_輪郭線をなくす方法_レベル補正

新規レイヤーの作成画面が表示されたらOKを押してください。

②「レベル補正」の数値を調節する

Photoshop_輪郭線をなくす方法_数値を調節

上記画像の三角マーカーを右側に近づけると、抽出した線画が濃くなります。一方で、右にある三角マーカーを左に動かすと線画が薄くなります。

薄い線をハッキリ見せたいときは濃度を上げて、薄い線を消すときは濃度を薄くしましょう。

Photoshop|線画抽出後にできること

Photoshopで線画抽出した後は、ブラシや塗りつぶしツールで色を塗ることができます。

ブラシや塗りつぶしツールで色を加えるときは、線画抽出したレイヤーとは別のレイヤーを作成します。

また、線画抽出したものをパスに変換することで、ベクター画像として扱えるためサイズや色の編集も簡単におこなえるようになります。

Photoshop|線画抽出するときの注意点

・手描きイラストを線画抽出するときは、濃い色のペンでハッキリ描く

・イラストをスマートフォンで撮影してからPCに送信する場合は、明るい場所で撮影する

Photoshopの線画抽出ツールは、読み込んだ画像をもとに線を解析します。そのため、元画像が薄いと綺麗に表示されません。

手描きイラストの線が薄いときは、Photoshopで画像を開き「イメージ」→「色調補正」→「レベル補正」で線の濃度を調節します。

また、不要な線はブラシツールを使って白く塗りつぶしましょう。

白黒のコントラストをハッキリさせることで、線画抽出しやすくなります。

まとめ

今回はPhotoshopで線画抽出する方法と、線画抽出後の不要な線を削除する方法を解説しました。

【おさらい】

・Photoshopで写真の線画抽出する方法は、たった1ステップで完了する

・「輪郭のトレース」を適用後、レベル補正で白黒のコントラストを調節すると画像が鮮明になる

・不要な線を削除するときは、ブラシで塗りつぶす方法も効果的

・手描きイラストを線画抽出するなら、濃い色のペンで描いておく

・写真と同様にレベル補正で白黒のコントラストを明確にしておく

・線画抽出した後は、ブラシツールや塗りつぶしツールで色を塗ることができる

線画抽出は難しいイメージですが、1ステップで完了するほど簡単な編集です。

Photoshopをインストールしたばかりの初心者でも実践できるので、ぜひ本記事の内容を参考に線画抽出してみてください。

最後になりますが、WEBデザインの技術を駆使すれば、副業で稼ぐことから自身の仕事にすることもでき、あなたの可能性をさらに高めていくことが可能です。

イラストレーターの使い方についてもっと知りたいのですが...

イラストレーターのできることや、細かい動作の使い方については「Illustratorでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説」にて纏めております。

Adobe製品をコスパ良く使う方法はありますか?

実は公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を使うことによって、公式HPからを買うよりも約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。

細かい情報は「Adobe CCを安く購入する裏ワザ」に纏めてあります。

興味のある内容がありましたら、是非上記の記事も確認して見て下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる