Photoshopの買い切り版はある?お得に利用する方法も解説

・Photoshopの買い切り版はないの?

・Photoshopをお得に購入する方法を知りたい

・Photoshopの代わりに使える画像編集ソフトはある?

画像編集をしたいと思っている方のなかで、上記のような悩み・疑問を抱えている方は多いでしょう。

そこで今回はPhotoshopの買い切り版の有無やPhotoshopをお得に購入する方法について解説します。

この記事を読むことで、Photoshopをお得に利用する方法について知ることができますよ。

目次

Photoshopの買い切り版はない

Photoshopの買い切り版はない

結論から申し上げると、Photoshopは買い切り版を廃止しています。

・現在流通しているのは旧バージョン

・中古品はマルウェアやウイルスが入っている可能性がある

Adobeソフトは数年前まで買い切り版ソフトを販売していましたが、現在は買い切り版ではなくサブスクリプション制を採用しています。

オンラインショップにはPhotoshopの買い切り版が流通していることもありますが、以下の理由から購入はおすすめできません。

【買い切り版(旧バージョン)のデメリット】

・最新のOSに動作対応していない

・動作中にエラがー発生しやすい

せっかく購入したのにも関わらず、最新のOSに対応していなかったりエラーが発生したりすると、Photoshop本来の機能を使うことができません。

Photoshopの購入を検討している方は、旧バージョンではなく正規店から最新版のバージョンを購入しましょう。

Photoshop Elementsは買い切り版を販売している

Photoshop Elementsは買い切り版を販売している

「Photoshop Elements」とは、Adobe SenseiのAI技術を搭載した写真の編集・作成ソフトです。

基本的な画像補正からクリエイティブな作品の制作まで可能。58種類のガイド付き編集機能が搭載されているため、初心者でも簡単に使いこなせます。

【Photoshop Elementsのプラン】

プラン 買い切り版価格
Photoshop Elements 19,580円

【Photoshop Elementsの機能】

・AI自動編集

・ステップバイスステップのガイド付き編集

・作成と共有

・作品の整理

PhotoshopとPhotoshop Elementsはどちらも画像編集・加工ソフトですが、求められるレベルや機能、料金価格が異なります。

①求められるレベル

【こんな人におすすめ】

・Photoshop:初心者から上級者

・Photoshop Elements:初心者

Photoshop Elementsの最大の特徴は、初心者でも簡単に使いこなせることです。

Photoshop Elementsのみ搭載している「ガイド付き編集機能」は、目的に合ったテンプレートを選ぶだけで自動的に作品を仕上げてくれます。

しかし、画像編集・加工で必須と言われるペンツールなどの機能が搭載していないのは残念なポイントです。

スマートフォンなどで撮影した写真を簡単に編集するのにはおすすめですが、クオリティの高い作品を作る用途としては向いていません。

②搭載している機能

PhotoshopとPhotoshop Elementsは搭載している機能が異なります。

【Photoshop Elementsができないこと】

・トーンカーブ:明るさやコントラストの調整

・CMYK:印刷用カラーモード

・16bitモードの画像編集:写真の質を落とさずに編集する

・ぼかし機能の種類が少ない:指定した位置にぼかしを加える

・保存できる画像形式:ベクトルデータが保存できない

・スマートオブジェクトが使えない:画像を拡大・縮小しても画質を落とさないようにする

ほかにも「HDR合成」や「クイックマスクモード」などの機能が搭載していません。

【こんな人におすすめ】

・簡単な画像編集、加工:Photoshop Elements

・本格的な画像編集、加工:Photoshop

・サムネイルやロゴの作成:Photoshop

このように、PhotoshopとPhotoshop Elementsで迷った時は、使用する目的・用途に合うものを選びましょう。

料金体系

PhotoshopとPhotoshop Elementsは料金体系が異なります。

・Photoshop:サブスクリプション

・Photoshop Elements:買い切り版

Adobeソフトの多くはサブスクリプション制ですが、Photoshop Elementsは買い切り版を採用しています。

サブスクリプションの場合、契約期間中は継続して同じ金額を支払います。

一方で、買い切り版は一度購入すればそれ以降は支払いの必要がないため、コストを抑えることができます。

Photoshopの料金価格をプラン別で解説

【Photoshopのプラン別料金価格】
プラン名 料金 月額
年間プラン(一括) 28,776円 ※2,398円
年間プラン(月々) 32,736円 2,728円
月々プラン 45,936円 3,828円

※12ヶ月で換算

Photoshopは3種類の料金プランを提供しています。長期的な視点で考えると、最もお得なのは年間プラン(一括払い)です。

Photoshopの購入方法

Photoshopの購入方法は以下の2通りです。

【Photoshopの購入方法】

・Adobe公式サイトで購入する

・Amazonで購入する

①Adobe公式サイトで購入する

【Adobe公式サイトで購入するメリット】

・7日間の無料体験を利用できる

・購入からインストールまでの手続きが簡単

・購入後すぐにインストールして利用できる

Adobe公式サイトはPhotoshopのインストールに必要なライセンスをオンラインで発行するため、購入後すぐにソフトを使用できます。

Adobe公式サイトでは、7日間の無料体験を利用できます。

機能や使用感を確かめられるので、Photoshopが気になっている方はぜひ無料体験版を試してみてください。

\ まずは無料体験版から /

フォトショップできることを解説してみた

②Amazonで購入する

2021年8月現在、AmazonではPhotoshopとLightroomがセットになっているフォトプランが販売されています。

プラン名 価格
フォトプラン(オンラインコード) ※約23.517円

※2021年時点の価格

※価格は変動することがあります

オンラインショップでは、「オンラインコード版」と「パッケージコード版」の2種類のタイプが販売されています。

種類 特徴
オンラインコード版 ・購入後すぐにソフトを使える

・パスコードを紛失するリスクが少ない

パッケージコード版 ・パスコードが郵送されるため購入後すぐにソフトを使えない

・パスコードを紛失するリスクがある

Amazonはクレジットカードや着払いはもちろんのこと、Amazonギフト券など独自の決済方法にも対応しています。

しかし、オンラインコード版やパッケージコード版は7日間の無料体験が利用できません。

Photoshopの使用感を確かめたいなら、まずはAdobe公式サイトから7日間の無料体験を利用してみましょう。

\ まずは無料体験版から /

フォトショップできることを解説してみた

Photoshopをお得に購入する5つの方法

Photoshopをお得に購入する5つの方法

Photoshopは7日間の無料体験版があるものの、期間が決まっているため永久的に無料で利用することはできません。

今後も継続してPhotoshopを使いたいと思っている方のために、お得に利用する方法をご紹介します。

【Photoshopをお得に利用する5つの方法】

  • Adobeセール期間を利用する
  • フォトプランを利用する
  • Adobeスクールパートナーを利用する
  • Adobe CCを利用する
  • 学生・教職員版のCreative Cloudを利用する

①Adobeセール期間を利用する

photoshop_買い切り_Adobeセール期間を利用する

Adobeは定期的にセール・キャンペーンを行っており、通常価格よりもお得にソフトを購入できることがあります。

2021年8月時点で行っているキャンペーンは以下の通りです。

・Creative Cloud フォトプラン/1,078円(月額)

・Creative Cloud フォトプラン 1TBストレージ付き/1,628円

・Adobe Spark 2週間無料

※一部抜粋

セール・キャンペーンは期間限定なので終了することがあります。詳細についてはAdobe公式サイトをご覧ください。

\ まずは無料体験版から /

②フォトプランを利用する

photoshop_買い切り_フォトプランを利用する

フォトプランとは、PhotoshopとLightroomがセットになったプランです。

写真編集・加工だけではなく色味補正も可能。「写真にとことんこだわりたい」方に向けたサービスです。

【Photoshop単体プランとフォトプランの比較】

プラン名 価格(税込)
Photoshop単体プラン 月額2,480円
フォトプラン(Photoshop・Lightroom) 月額1,078円

※Photoshop単体プランの価格は年間契約(月払い)

フォトプランは2種類のソフトがセットになっていながら、Photoshop単体プランよりも圧倒的にお得な価格で利用できるのです。

③Adobeスクールパートナーを利用する

photoshop_買い切り_Adobeスクールパートナー

アドビ スクールパートナープログラムとは、製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。

引用:アドビスクールパートナー

Adobeスクールパートナーは、受講者に対してAdobeソフトを特別価格で提供することが認められています。

たとえば、「プラチナスクールパートナー」に認定されている「デジタルハリウッド」では、以下のようなプランを提供しています。

項目 詳細
プラン名 Adobeマスター講座
内容 基礎動画教材46時間、課題作成
付属 Adobe CCライセンス12ヶ月分
価格 39,980円

通常、Adobe CCの価格は年間72,336円です。つまり、デジタルハリウッドの「Adobeマスター講座」なら年間32,346円もお得に利用できることになります。

デジタルハリウッドを利用することで、格安でソフトを利用することができますよ。

\ 最大3万円お得 /

格安でAdobeを使える方法を実際に解説

④Adobe CCを利用する

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver
Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy
InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension
2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了

*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円と毎月1,916円お得に使うことができます。

しかしちょっと待って下さい!実はAdobe公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を経由した方が、公式HPからを買うよりも約50%(年間で約30000円相当)安く使うことができるんです。

adobeマスター講座

Adobeマスター講座詳細について詳しく知りたい方は「AdobeCCを安く買う裏ワザ」の記事を参考にしてみてください。

\ 年間で約30,000円お得に /

⑤学生・教職員版のCreative Cloudを利用する

Adobeは「学生・教職員」向けにお得なプランを提供しています。

【学生・教職員版】

・Adobe Creative Cloud:月額2,178円(次年度以降は月額3,278円)

Adobe Creative Cloudに含まれる20種類以上のアプリ・ソフトを月額2,178円で利用できます。

「学生・教職員版」はお得なプランですが、一定の条件を満たした者でしか利用できません。

【学生・教職員版の購入資格】

・13歳以上

・学校教育法に規定された教育機関(中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、専修学校、各種学校)

・職業能力開発法に規定された公共職業能力開発施設および職業訓練法人

・行政が運営する大学校のうち、学位が取得できる大学校

学生・教職員版について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Adobe CCのアカデミック版の購入方法を徹底解説 ・Adobe CCをお得に使いたい ・Adobe CCのアカデミック版を購入する方法を知りたい ・学生ではなくてもAdobe CCのアカデミック版が使えるの? 今回は上記のような悩み・...

Photoshopの代わりとなる画像編集ソフト

Photoshopの代わりとなる画像編集ソフト

・どうしても買い切り版の画像編集ソフトがほしい

・PhotoshopやPhotoshop Elementsを使ってみたが自分には合わなかった

このような方のために、買い切り版の画像編集ソフトをご紹介します。

【買い切り版のおすすめ画像編集ソフト】

・Luminar

・PhotoDirector

①Luminar

photoshop_買い切り_Luminar

「Luminar」は風景からポートレートまで、あらゆる写真の編集・色味補正ができるソフトです。

【Luminarの特徴】

・Skylum社が開発した写真編集ソフトウェア

・Windows、Macともに利用できる

・PhotoshopやLightroomのプラグインとしても使用できる

・RAWファイルに対応している

・AI技術を活用したクリエイティブな画像編集ができる

・30日間の無料体験を提供している

②PhotoDirector

photoshop_買い切り_PhotoDirector

「PhotoDirector」は、プロのような写真編集をワンクリックで実現する画像編集ソフトです。

【PhotoDirectorの特徴】

・サイバーリンクが開発と販売を手がける写真編集ソフト

・Windows、Macともに対応

・AI技術による人物自動選択や手ぶれ補正機能を搭載している

・シャッターストックの豊富な素材が使い放題

・無料体験版を提供している

まとめ

今回はPhotoshopの買い切り版の有無と各種プラン、Photoshopをお得に利用する方法についてご紹介しました。

【おさらい】

・Photoshopは買い切り版を廃止している

・Photoshop Elementsは買い切り版を提供している

・PhotoshopとLightroomがセットになった「フォトプラン」がお得

・学生や教職員ならAdobe CCをお得に利用できる

Photoshopは買い切り版を廃止しているものの、初心者向けのPhotoshop Elementsは買い切り版を提供していることがわかりました。

Photoshopが気になっている方は、7日間の無料体験で使用感や機能を試してみるのがおすすめです。

\ まずは無料体験版から /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる