Lutのおすすめは?無料素材から有料素材まで5つ紹介

  • もっと映像を綺麗に加工したい
  • 空の色を明るくして見栄えを良くしたい
  • 映像全体の彩度を変えたい

こんな悩みに答えます。

映像の一部であれば動画編集ソフトで変換する機能が使えますが、全体となれば1つ1つ変換しないといけないため時間がかかります。

そのため、色彩などを変えるときはよく「Lut」というのを使い、全体の色を変化させます。

そこで本記事では、Lutを使う理由や使い方・料金について解説していきます。
目次

Lutとは

Lutとは

Lutとは「Look Up Table」の略で、簡単に言いますと効率よく色彩などを補正する機能です。

Lutの仕組みについてはこちらの動画を参考にしてみて下さい。

サムネイルの画像の下半分がLutを適用する前で、上半分がLutを適用した後になります。

上記の動画のように、画面全体の彩度を変更するのにLutは非常に有効です。

次にLutの使い方について解説していきます。

Lutの使い方を3つのステップで解説

Lutの使い方を3つのステップで解説

実はLutの使い方は簡単です。

  1. Lutの素材をサイトからダウンロード
  2. 動画編集ソフトからLutを呼び出す
  3. 編集動画を見ながらLutを使い、彩度を調節

詳しい使い方についてはこちらの動画を是非参考に利用してみて下さい。

 

動画編集ソフトには色を変更する機能がありますが、ほとんどの方は彩度を変えるときには色んなLutをダウンロードして使います。

次にLutを使うメリット・デメリットについてご紹介していきます。

Lutを使う2つのメリット

Lutを使う2つのメリット

Lutを使うメリットは2つあります。

時間短縮

Lutを使うメリット1つ目は、時間短縮です。

冒頭でも言いましたが、Lutを使わずに色彩補正をする場合は、1つ1つに色彩を変更する必要があり、時間がかかります。

しかしLutを使えばボタン1つで簡単に鮮やかな理想の色にすることが可能です。

今までLutを使わずに変更してきた方は、是非利用してみて下さい。

初心者でも簡単

Lutを使うメリット2つ目は、初心者でも簡単に色彩補正することができるところです。

色を変更する場合、Lutを使わずに自分で補正すると、空が明るすぎて逆に不自然に見えたり、加工したことがばれたりします。

特に空や山、風景などを補正するにはかなりのセンスが必要です。

Lutであれば、全体の色を簡単に変更することができるので、初心者の方でも自然な色にすることができます。

Lutを使う時の2つのデメリット

Lutを使う時の2つのデメリット

メリットについて解説したので、次にLutを使うデメリットについて解説していきます。

自分が求めている色がない

1つ目のデメリットは「自分が求めている色がない場合がある」という点です。

Lutは基本的に色の型が決められているので、自分が欲していた色がない可能性もあります。

しかし基本的には他のサイトに行ったら欲しい色が見つかることが多いので、大きなデメリットではないですね。

お金がかかる場合がある

2つ目のデメリットは「お金がかかる場合がある」点です。

種類によっては有料ということもあり、また海外のサイトだと購入が日本円ではなくドルになります。

勿論無料の素材もありますが、もし欲しいものが有料の場合もありますので、有料化無料かは確認しておく必要がありますね。

次にLutのおすすめ素材について解説していきます。

Lutのおすすめ素材5選

今回ご紹介するLutのおすすめ素材はこちらです。

Rocket Stock

Lutのおすすめ素材_Rocket Stock

1つ目にご紹介するLutは「Rocket Stock」が提供している35選の無料Lutです。

Rocket Stockは無料なのに、35種類も入っているので、動画編集者の方は必須と言っても過言ではありません。

実際にどのような色彩補正ができるかは、下記の動画を参考にしてみましょう。

freshLUTS

Lutのおすすめ素材_freshLUTS

2つ目にご紹介するLutは「freshLUTS」です。

freshLUTSは会員登録をすれば、様々なLutを無料でダウンロードすることができます。

Google翻訳を駆使して、是非会員登録してみて下さいね。

7 Free Luts Pack

3つ目にご紹介するLutは「7 Free Luts Pack」です。

7 Free Luts PackはYouTuberの「TV DAIGEN」さんがiPhoneで撮影した動画用に作成されたLutになります。

ダウンロード方法は、TV DAIGENさんの動画の概要欄からダウンロードすることができます。

iPhone用と書いてありますが、androidでも一眼レフカメラでも使用することもできるとのことです。

IWLTBAP

Lutのおすすめ素材_IWLTBAP

4つ目にご紹介するLutは「IWLTBAP」です。

IWLTBAPは海外のサイトで、基本的には使用するのに25ドル必要です。

しかし無料体験版があるので是非一度利用してみてはいかがでしょうか。

FREE Luts

5つ目にご紹介するLutは「FREE Luts」です。

FREE LutsのLutはYouTuberの「Coe Film」さんが無料配布しているLutで、Coe Filmさんのチャンネル登録をすると利用することができます。

チャンネル内で使い方もご紹介しているので是非利用してみて下さいね。

Lutが使える動画編集ソフトを3つ紹介

Lutが使える動画編集ソフトを3つ紹介

最後にLutを使うことができる動画編集ソフトを3つ解説していきます。

ソフト名 料金 対応OS
Premiere Pro 有料(無料期間あり) Mac・Windows
GoPro Studio 無料 Mac・Windows
Filmora 無料 Mac・Windows

Premiere Pro

1つ目にご紹介するソフトは「Adobe Premiere Pro」です。

Premiere Proは世界的に有名な動画編集ソフトで、有名YouTuberの動画編集から、エヴァンゲリオンの映画の編集にも使われています。

最もおすすめできる理由の1つが、編集で分からない点があっても、調べればすぐに解決方法が乗っている点です。マイナーソフトでは迷宮入りすることもしばしばあります。

編集ソフトに悩んでいる方は、これを機に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

\ まずは無料体験版から /

プレミアプロでできることを解説してみた

GoPro Studio

2つ目にご紹介するソフトは「Gopro Studio」です。

Gopro Studioは、GoProというカメラで撮影したビデオを簡単に編集できる用に作成された動画編集ソフトになります。
そのため、Goproを購入された際はGopro Studioを使用してみて下さい。

Filmora

3つ目はWondershare社が提供している「Filmora」です。

Filmoraは初心者でも使いやすい設計となっており、YouTubeでも非常に多くの解説動画が上がっています。

また、動画編集だけでなくYouTubeのサムネイルも制作することが可能です。

YouTubeのサムネイル作成方法についてはこちらの動画をご参照ください。

あわせて読みたい
Filmoraを無料で使用するには?無料版と有料版の違いも解説 こんな疑問にお答えします。 今や学生でさえ副業で動画編集を始める時代になりました。動画編集が身近な存在になってきましたが、いざ動画編集を始めようとすると「どの...

まとめ

今回は、Lutのおすすめ素材やLutを使う理由・使い方・料金などを解説しました。

  • Lutとは「Look Up Table」の略で、効率よく色彩などを補正する機能
  • Lutを使うメリットは、色彩補正を短時間ですることができ、初心者の方でも簡単に使用することが可能
  • Lutを使うデメリットは、自分が求めている色がない場合があり、お金も素材によってはかかる所
  • Lutを使う際のおすすめ動画編集ソフトは3つ「Premiere Pro」「Gopro studio」「Filmora」

是非動画編集の際に、色彩補正をする場合はLutを使用してみて下さい。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. AdobeのPremiere Proは、YouTubeの動画編集から、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われています。操作も使いやすく、その他After Effects・Illustrator・Photoshopという同じAdobeソフトを併用することで、さらに質の高い動画を作ることが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる