InDesignとIllustratorの違いとは?機能や料金を徹底比較

・InDesignとIllustratorの違いってなに?
・InDesignを使って何ができるのか知りたい
・InDesignの料金は?お得に使う方法はあるの?

InDesignとIllustratorの違いを知りたい方のために、各ソフトの特徴や機能を紹介します。

また、料金価格やお得に利用する方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

【結論】InDesignとIllustratorの決定的な違いは用途である

【結論】InDesignとIllustratorの決定的な違いは用途である

Adobe社が手がけるデザインソフトとして有名なのが、InDesignとIllustratorです。どちらもデザインに関する機能が搭載されていますが、実は用途が大きく異なります。

【InDesignとIllustratorの主な用途】
・InDesign:冊子やカタログなど、印刷物のレイアウトとページデザイン
・Illustrator:ロゴやデザインの作成

Illustratorは「点」と「線」を使って、ロゴやイラストを描くことに優れています。一方でInDesignは、電子カタログやパンフレットなどを作成するときに役立つソフトです。

作品づくりのなかで、InDesignとIllustratorの両ソフトを使うこともあります。

それぞれ搭載されている機能が異なるため、デザイン関連のソフトを探している方は、ご自身の目的を明確にしておきましょう。

InDesignの特徴

InDesignは印刷およびデジタルメディアのためのレイアウト・ページデザイン用ソフトです。

タイポグラフィやAdobe Stockの画像を使用して、印象的なグラフィックデザインを作成できます。

InDesignで制作できるものは、以下の通りです。

・チラシデザイン
・ポスターデザイン
・はがきデザイン
・eBookのデザイン
・ページレイアウト
・パンフレットデザイン
・履歴書デザイン
・プレゼンテーションデザイン
・メニューデザイン

画像の配置やテキスト・見出しの制作、表組みなどの機能も搭載。簡単な操作だけで見栄えの良いレイアウト作成ができます。

InDesignは、チームで共同作業できる機能を搭載しています。作成したデザインをWebで共有することで、レビュープロセスを簡素化したり、PDFでファイルを共有してフィードバックしたり、作業効率化を図れます。

また、Adobe Creative CloudやAdobe Experience Managerに統合されているので、Adobe Stockなどでダウンロードした素材もチーム内で共有できます。
あわせて読みたい
Adobe InDesignは無料で使える?使い方や料金プランを徹底解説 ・Adobe InDesignは無料で使えるの? ・料金プランやお得に利用する方法を知りたい ・InDesignは具体的にどんな用途で使えるの? Adobe InDesignはAdobe社が提供してい...

Illustratorの特徴

Illustratorとは、グラフィックデザインに特化したソフトです。「点」と「線」を使いながらロゴやイラストを制作します。

どれだけ画像を拡大・縮小しても画質が劣化しないベクトル画像を採用しているのも特徴。チラシやポスターに印刷しても作品のクオリティが下がりません。

Illustratorで制作できるものは、以下の通りです。

・ロゴデザインやイラストの作成
・文字や図形の配置
・画像の拡大や縮小
・印刷サービス
・テンプレートを使った作品づくり

Illustratorは無料テンプレートのバリエーションが豊富。たとえばチラシや名刺などのフォーマットが用意されているので、文字や画像を挿入するだけでクオリティの高いものを作れます。

また、Illustratorで作成したデータは印刷業界の標準形式に対応しているため、A3やB2などの大型サイズの印刷物も作成可能。

デザイン作成から印刷依頼までを1つのソフトで完結できるため、作業効率も格段にアップします。
あわせて読みたい
Illustratorでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説 ・Illustratorってなに? ・Illustratorはどんな機能が使えるの? ・Illustratorをお得に利用する方法を知りたい 「Illustratorが良いと聞くけど、実際にどんな機能があ...

InDesignの特徴的な機能

InDesignの特徴的な機能

【InDesignの特徴的な機能】

・InDesignのフレーム

・2つの作業モード

①InDesignのフレーム

InDesignとIllustratorの基本的な操作で異なるのはフレームです。

【テキスト・画像挿入方法の違い】

・Illustrator:ドキュメント上をクリックすれば、そのままテキストを入力できる

・InDesign:テキストフレームを作成してからでないとテキストを入力できない

同様にInDesignでは、画像を配置するときも必ずグラフィックフレームが必要です。

InDesignにおいて「フレーム=箱」であり、箱の中にテキストや画像を入れるイメージです。

 【InDesign:フレームの種類】

・フレームツールで作成するグラフィックフレーム

・文字ツールで作成するプレーンテキストフレーム

・グリッドツールで作成するフレームグリッド

・長方形ツールや楕円形ツール等で作成する図形としてフレーム

これらのフレームは全てパスでできているので、ダイレクト選択ツールやペンツールを使って自由に変形できます。

最大の魅力は、フレームの属性が自動で変換することです。たとえばテキストフレームに画像を配置すると、自動でグラフィックフレームに変換されます。

InDesignのフレーム

また、文字ツールでグラフィックフレーム上をクリックすると、自動でテキストフレームに変換されて、そのままテキストを入力できます。

InDesignはテキストフレームが2種類ある

【2種類のテキストフレーム】

・升目のあるフレームグリッド

・プレーンテキストフレーム

プレーンテキストにテキストをコピー&ペーストするときは、コピー時の書式がそのまま反映されます。

一方でフレームグリッドは、フレーム自体が書式属性を持っているため、テキストをペーストするとフレームが持つ書式でテキストを反映します。

②2つの作業モード

InDesignで新規ドキュメントを作成する場合、まず2つの作業モードを選択します。

【InDesign:2つの作業モード】

・レイアウトグリッド

・マージン・段組

電子書籍や雑誌など、決められたフォーマットがある場合は「レイアウトグリッド」がおすすめ。チラシやポスターなど、自由にテキストや画像を配置するなら「マージン・段組」が便利です。

InDesign_2つの作業モード

「マージン・段組」を選択すると、マージン・段組の数値を調節する画面が表示されます。

「レイアウトグリッド」では、フォントやサイズ、字間、行間、行数など細かい設定をおこないます。

こんなときはIllustratorよりもInDesignが便利

  • 長文ドキュメントの作成
  • 三つ折りリーフレットの作成
  • ふりがなの設定
  • 表の作成

①長文ドキュメントの作成

InDesignは複数ページのレイアウトやテキストと画像の配置を柔軟に変更できる機能が搭載されているため、原稿などの長文ドキュメントを制作するときに便利です。

InDesignは複数ページにまたがってテキストフレームを設定できます。そのため、文字が増えたり減ったりした場合は、自動的にページ数を調節してくれます。

②三つ折りリーフレットの作成

三つ折りのパンフレットを作成するなら、IllustratorよりもInDesignが便利です。

InDesignでは1つの画面に見開きで3つの新規ドキュメントを表示できるため、完成をイメージしながら編集が可能。Illustratorのように、個別に折りトンボを設定することがありません。
プリント設定で自動的に適切なトンボを付けることができます。

③ふりがなの設定

漢字に”ふりがな”を振れるのは、InDesignならではの機能です。InDesignの”ふりがな”機能は、以下の2種類あります。

【InDesignの”ふりがな”機能】
・モノルビ:漢字1文字ごとに”ふりがな”を振る
・グループルビ:単語ごとに”ふりがな”を振る

ルビの位置や間隔、フォントサイズ、カラーなども細かく調節できます。

④表の作成

Illustratorで表作成すると、非常に時間がかかってしまいます。しかしInDesignは表作成に特化した機能を搭載しています。

行と列の数を指定するだけで表が出現。わざわざ1から作る必要がないため、作業効率も格段にアップします。また、表のカラーを変更したりセルを結合したりと、あらゆるカスタマイズができます。
表の情報は直接入力するだけではなく、Excelなどからコピー&ペーストでも可能。Excelファイルと連携することで、膨大なデータも一瞬で反映することができます。

InDesignとIllustratorの使い分け方

InDesignとIllustratorはどちらもデザインに特化したソフトですが、搭載されている機能が異なります。

・InDesign:多種多様な印刷物のページレイアウトが得意
・Illustrator:ロゴやイラスト、地図作成など細かいパーツのデザインが得意

このようにInDesignとIllustratorは得意分野が異なるので、用途に合わせて使い分けましょう。

InDesignとIllustratorは7日間の無料体験を利用できる

InDesignとIllustratorは、7日間の無料体験版ソフトを提供しています。

【InDesignとInDesign:7日間の無料体験版の特徴】

・無料体験版はサブスクリプション版と同じ機能が利用できる
・無料体験版は登録完了日から7日間
・無料体験期間が終了すると自動でサブスクリプションに移行する
・無料体験期間中はいつでも解約可能で料金は発生しない
・PCとiPadのみ利用可能

ライセンス購入前に、あらかじめ機能や使用感を確かめられるのは嬉しいポイントです。

まずは7日間の無料体験版ソフトを利用してから、本契約するか決めましょう。

InDesignとIllustratorの料金価格

InDesignとInDesignの無料体験版ソフトは、利用期間が7日間と決まっているので、永久的に無料で使用することはできません。

今後も継続的にInDesign・Illustratorを使いたいなら、ライセンス契約する必要があります。

InDesignのプランと料金価格

【InDesignのプランと料金価格】
プラン 料金(税込)
年間プラン(月々払い) 2,728円/月
年間プラン(一括払い) 28,776円/年
月々プラン 3,828円/月

年間プラン(一括払い)は、年間プラン(月々払い)よりも12%お得です。年間通してInDesignを利用するなら、年間プラン(一括払い)がおすすめ。数ヶ月程度の利用なら、月々プランが適しています。

\ まずは無料体験版から /

Illustratorのプランと料金価格

【イラストレーターのプラン別料金】
プラン名 料金 月額
年間プラン(一括) 28,776円 ※2,398円
年間プラン(月々) 32,736円 2,728円
月々プラン 45,936円 3,828円

*12ヶ月で換算

InDesignと同様に、最もお得なプランは年間プラン(一括払い)です。

また、Adobeは期間限定キャンペーンを行っていることがあります。Adobeソフトが通常定価よりも安くなることもあるので、コストを重視している方はAdobeのキャンペーン情報をチェックしてみてください。

\ まずは無料体験版から /

3種類以上のAdobeソフトを利用するならAdobe CCがお得

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver
Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy
InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension
2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了

*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円と毎月1,916円お得に使うことができます。

しかしちょっと待って下さい!実はAdobe公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を経由した方が、公式HPからを買うよりも約50%(年間で約30000円相当)安く使うことができるんです。

adobeマスター講座

Adobeマスター講座詳細について詳しく知りたい方は「AdobeCCを安く買う裏ワザ」の記事を参考にしてみてください。

\ 年間で約30,000円お得に /

まとめ

今回はInDesignとIllustratorの特徴や機能の違い、料金価格について紹介しました。

【おさらい】

・InDesignは印刷およびデジタルメディアのためのレイアウト・ページデザイン用ソフト

・Illustratorは「点」や「線」を使ったグラフィックデザインに特化したソフト

・InDesignは多種多様な印刷物のページレイアウトが得意

・Illustratorはロゴやイラスト、地図作成など細かいパーツのデザインが得意

・InDesignとIllustratorは7日間の無料体験版ソフトを提供している

・継続して利用するならプランを選択してライセンス購入する必要がある

InDesignとIllustratorはどちらもデザインに特化したソフトですが、搭載されている機能や用途が異なるとわかりました。

3種類以上のAdobeソフトを利用したいなら、単体プランを契約するのではなくAdobe CCプランがおすすめ。年間コストを抑えられるだけでなく、デザイン制作には必須のAdobe Fontsも追加料金なしで利用できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる