Illustratorで画像を切り抜く方法は?3つの方法を徹底解説

・Illustratorで画像を切り抜く方法を知りたい

・複雑なカタチをした被写体も切り抜けるの?

Illustratorは、Adobe社が手がけるイラスト・デザインソフトです。さまざまな機能が搭載されており、選択した範囲を切り抜くこともできます。

今回は、Illustratorで画像を切り抜く方法を解説します。注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Adobe製品を安く使う方法を知っていますか?

  1. 動画編集やデザインで使われるAdobe製品。実は公式HPからを買うよりも、パートナー会社を経由することで約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。学習講座も受けられるので「安く&早く」スキルを身につけることができますよ。

 

 

目次

画像の切り抜きとは

画像の切り抜きとは、選択した範囲だけを切り抜くことです。

切り抜きはトリミングとも呼ばれており、画像のなかで不必要なものを取り除く意味があります。

Illustratorでは、基本的に単純なものの切り抜きができます。一方で、髪の毛や衣類の曲線など細かい部分を切り抜くなら、IllustratorよりもPhotoshopがおすすめです。

Photoshopの切り抜きについて知りたい方は「Photoshopで画像をトリミングする方法」を参照下さい。

Illustratorで画像を切り抜く2つの方法

【Illustrator|画像を切り抜く2つの方法】

  1. 長方形ツールを使用する方法
  2. ペンツールを使用する方法

Illustratorで画像を切り抜くときは、クリッピングマスクと呼ばれる画像の一部だけを見えなくする技術を活用します。

元画像を残したまま切り抜きができるため、修正もスムーズにおこなえます。

単純な切り抜き|長方形ツールを使用する方法

【長方形ツールで画像切り抜きする手順】

  1. Illustratorに画像を配置する
  2. 長方形ツールを選択する
  3. 切り抜きたい対象物を囲む
  4. クリッピングマスクを作成する

上記の手順を解説するとともに、クリッピングマスクを解除する方法や、トリミング位置を編集したいときの方法も紹介します。

①Illustratorに画像を配置する

Illustrator_切り抜き_画像を配置する

【Illustratorに画像を配置する方法】

・新規ドキュメント作成後、画像をドラッグ&ドロップで配置する

・新規ドキュメント作成後、「ファイル」→「配置」で画像データを選択する

Illustratorに画像を配置する方法は上記の2通りです。どちらでも構わないので、ご自身のやりやすい方法をお試しください。

②長方形ツールを選択する

Illustrator_切り抜き_長方形ツールを選択する

新規ドキュメント作成後、画像を配置したらメニューの中から「長方形ツール」を選択しましょう。

今回は、四角形に切り抜きたいので長方形ツールを選択しました。丸く切り抜きたいなら、楕円形ツールを選択してください。

Illustrator_切り抜き_丸く切り抜きたいなら、楕円形ツール

長方形ツールを選択したら「塗り」と「線」の色を無しに指定しましょう。カラーが選択されていると対象物を囲むときに塗り潰れてしまうため、選択範囲が見づらくなってしまいます。

③切り抜きたい対象物を囲む

Illustrator_切り抜き_切り抜きたい対象物を囲む

長方形ツールを選択後、切り抜きたい対象物を囲みます。

切り抜きたいものの上にのせることで切り抜きができます。上下逆になると、「切り抜けません」と表示されてしまうので注意してください。

④クリッピングマスクを作成する

長方形ツールで切り抜く範囲を決めたら、上部メニューの「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。

すると、先ほど長方形ツールで範囲指定した場所だけ切り抜いた画像だけ出てきます。

クリッピングマスクを解除する方法

クリッピングマスクを解除したいときは、パスと画像の両方を選択した状態で、上部メニューの「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「解除」を選択します。

トリミング位置を編集したい場合

クリッピングマスクは元画像を切り抜くわけではないので、後から自由自在にトリミング位置を変更できます。

トリミング位置を変更したいときは、長方形ツールを選択せずに、背面にある画像を選択すればトリミングの位置を編集できます。

複雑な切り抜き|ペンツールを使用する方法

四角や丸など大雑把な範囲を選択するときは、上述した選択ツールを用いた方法が便利です。

「被写体に沿って細かく切り抜きたい」という場合は、ペンツールを使用するのがおすすめです。

【複雑な切り抜き|ペンツールを使用する方法】

  1. Illustratorに画像を配置する
  2. ペンツールを選択する
  3. 切り抜きたい範囲を囲む
  4. クリッピングマスクを作成する

手順①・④は上述した【単純な切り抜き|長方形ツールを使用する方法】と同じなので、ここでの解説は割愛します。

①ペンツールを選択する

Illustrator_切り抜き_ペンツールを選択

Illustratorに画像を配置したら、メニューにある「ペンツール」を起動します。

②切り抜きたい範囲を囲む

Illustrator_切り抜き_切り抜きたい範囲を囲む

ペンツールを起動させたら、切り抜きたい範囲に沿ってパスを描きます。

【ペンツールを上手に使うポイント】

・細かい部分は画像を拡大しながらおこなう

・間違った場合は「Command + Z」で1つ前の作業に戻る(WindowsはCtrl + Z)

・ゆっくり時間をかけてパスを描く

ペンツールを使うときは、ゆっくり時間をかけるのがコツです。面倒だからといってサクサク進めてしまうと、雑な仕上がりになります。

画像の拡大と縮小を繰り返しながら、ペンツールで対象物を囲みましょう。

選択が終わったら、必ず始点(最初にクリックしたポイント)のアンカーポイントをクリックして、選択範囲を閉じてください。

ペンツールで切り抜く範囲を決めたら、上部メニューの「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。

Illustrator|人工知能を活用した画像切り抜き

Adobeは、Adobe Senseiと呼ばれる人工知能とマシンラーニングと呼ばれる機械学習の技術を活用した編集機能も搭載しています。

人工知能とマシンラーニングを活用することで、自動で画像を認識して切り抜きをしてくれます。

【Illustrator|画像切り抜きの自動化をする方法】

  1. Illustratorに画像を配置する
  2. 「オブジェクト」→「画像の切り抜き」
  3. 「ダイレクト選択ツール」で微調整
  4. Enterキーで決定
  5. トリミング完了

①「オブジェクト」→「画像の切り抜き」

Illustratorに画像を配置したら、上部メニューの「オブジェクト」→「画像の切り抜き」の手順で操作します。

②「ダイレクト選択ツール」で微調整

Illustrator_切り抜き_ダイレクト選択ツールで微調整

Illustratorが自動で画像を認識して、ある程度のトリミング枠を表示します。必要に応じて選択ツールで画像を動かしましょう。

微調整が完了したら、そのままEnterキーを押しましょう。以上の手順だけでトリミングできます。

【注意点】自動化して切り抜くときに気をつけること

自動化して切り抜いた画像は、クリッピングマスクのように後から細かい修正ができません。

万が一、切り抜く範囲を間違えてしまったときは、一度削除してから新しい画像を配置する必要があります。

まとめ

今回は、Illustratorを使って画像を切り抜く方法をご紹介しました。

【おさらい】

・Illustratorは単純な画像の切り抜き作業ができる

・髪の毛などの細かい部分を切り抜くなら、IllustratorよりもPhotoshopがおすすめ

・四角や丸などのざっくりしたトリミングをするなら、長方形ツールや楕円形ツールを使う

・被写体に沿って切り抜くなら、ペンツールがおすすめ

・Illustratorは人工知能と機械学習の機能を活用した自動トリミングツールが搭載されている

Illustratorで画像を綺麗に切り抜くためには、時間をかけてゆっくり丁寧に作業を進めることが大切です。

ぜひ本記事の内容を参考に、切り抜きの機能を使ってみてください。また、細かい切り抜きをしたいならPhotoshopも検討してみましょう。

最後になりますが、WEBデザインの技術を駆使すれば、副業で稼ぐことから自身の仕事にすることもでき、あなたの可能性をさらに高めていくことが可能です。

イラストレーターの使い方についてもっと知りたいのですが...

イラストレーターのできることや、細かい動作の使い方については「Illustratorでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説」にて纏めております。

Adobe製品をコスパ良く使う方法はありますか?

実は公式サイトで購入するよりも、ヒューマンアカデミーのAdobe通信講座を使うことによって、公式HPからを買うよりも約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。

細かい情報は「Adobe CCを安く購入する裏ワザ」に纏めてあります。

興味のある内容がありましたら、是非上記の記事も確認して見て下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる