イラストレーターで画像をパス化する方法!3つの方法を画像付きで解説

・Illustratorで画像をパス化する方法を知りたい

・手描きのイラストなど、複雑なデザインもパス化できるの?

「画像を編集したいけど、修正できるデータがない」「画像の大きさを変更したい」と困っている方は多いでしょう。

そんなときに便利なのが、Illustratorに搭載されている画像のパス化です。一般的な画像から手描きのイラストまで、幅広いデザインをパス化できます。

今回は、Illustratorで画像をパス化する方法を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

Adobe製品を安く使う方法を知っていますか?

  1. 動画編集やデザインで使われるAdobe製品。実は公式HPからを買うよりも、パートナー会社を経由することで約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。学習講座も受けられるので「安く&早く」スキルを身につけることができますよ。

 

 

目次

Illustrator|画像のパス化とは

Illustrator|画像のパス化とは

パスとは、ペンツールや矩形ツールなどで作成した「線」で構成されたものです。

Illustratorで描くイラストは、基本的に全て「点と線」で構成されています。パスで作り上げられたものがベクター画像です。

【ベクトル画像の特徴】

・点と線で構成されている

・どれだけ拡大しても画像が粗くならない

・拡大や縮小を繰り返しても画質が劣化しない

・PhotoshopやIllustratorの「シェイプ」「パス」はベクトル画像に当てはまる

ベクトル画像はどれだけ拡大・縮小しても画質が劣化しないため、ポスターやチラシ作成などにも適しています。

イラストレーターで画像をパス化する方法を3ステップで解説

Illustratorで画像をパス化するときは、主に「画像トレース」の機能を活用します。

画像トレースとは、写真や手描きのイラストなどのラスター画像をベクター画像に変換する機能です。

トレース対象となる画像が白黒はっきりしたものであるほど、綺麗にトレースできます。

【画像トレースを使う手順】

  1. アートボードに画像を配置する
  2. 画像を選択して「画像トレース」をクリックする
  3. 「拡張」をクリックする

①アートボードに画像を配置する

イラストレーターで画像をパス化_アートボードに画像を配置

【Illustrator|アートボードに画像を配置する2つの方法】

・新規ドキュメント作成後、アートボードに画像をドラッグ&ドロップする

・新規ドキュメント作成後、画面上メニューから「配置」を選択する

アートボードに画像を配置する方法は、どちらでも構いません。ご自身のやりやすい方法を実践してみてください。

②画像を選択して「画像トレース」をクリックする

イラストレーターで画像をパス化_画像を選択して「画像トレース」をクリック

アートボードに画像を配置したら、画面上にあるメニューから「画像トレース」をクリックしましょう。

「画像トレース」のアイコンを表示させるためには、選択ツールを使って画像をクリックしておく必要があります。

イラストレーターで画像をパス化_トレース後

「画像トレース」すると、ボヤけていたシルエットがハッキリしてきます。

Illustrator|画像トレースできない場合

Illustratorで画像トレースできない場合、オブジェクトを選択できていないことが原因として挙げられます。

レイヤーがロックされているなら、「オブジェクト」→「すべてのロックを解除」を選択しましょう。

また、「不明なエラーのため操作を完了できません」と表示が出た場合は、I環境ファイルの再作成をおこなってください。

③「拡張」を選択してパスに変換する

イラストレーターで画像をパス化_「拡張」を選択してパスに変換

最後に画面上メニューにある「拡張」をクリックして完了です。画像がパスに変換されるので、色や形などを自由自在に編集できます。

元画像を残しておきたいならコピーする

Illustratorで画像トレースすると、元画像が消えてしまいます。作業上、残しておきたい人は元画像をコピーしてレイヤーを分けておきましょう。

Illustrator|手書きの画像をパス化する方法

自分で描いた画像をわざわざペンツールでトレースする必要がなく、誰でも簡単にパス化できます。イラストを各種デザインに活用するときにおすすめです。

イラストの線が細かったり潰れたりすると、キレイにパス化できません。

【Illustrator|手描き画像をパス化する方法】

  1. アートボードに画像を配置する
  2. 「ウィンドウ」→「画像トレース」→「しきい値」を設定する
  3. 「拡張」をクリックして画像をアウトライン化する
手順①の「アートボードに画像を配置する」方法は、冒頭でも紹介しているため、ここでの解説は割愛します。

①「ウィンドウ」→「画像トレース」→「しきい値」を設定する

アートボードに画像を配置したら、「ウィンドウ」→「画像トレース」を選択して「しきい値」のメニューを表示させます。

 

イラストレーターで手書きの画像をパス化する方法_しきい値を設定

「しきい値」とは?

元の画像から白黒のトレース結果を生成するための値を指定します。「しきい値」の値より明るいピクセルはすべて白に、しきい値より暗いピクセルはすべて黒に変換されます

引用:Adobe公式サイト

プレビューを確認しながらイラストが鮮明に写るポイントまで「しきい値」を調節しましょう。

【Illustrator|画像トレースの用語】

  • プリセット:写真や白黒ロゴ、シルエットなどのプリセットを設定できます
  • 表示:トレースしたオブジェクトの表示を変更できます。
  • カラーモード:トレースした画像のカラーモードを指定します
  • パレット:カラーモードをグレーかグレースケールに設定した場合に指定する項目です
  • カラー:カラーモードでカラーを指定し、パレットの設定に基づいて指定する項目です
  • グレー:カラーモードがグレースケールの場合に指定する項目です
  • しきい値:カラーモードが白黒の場合に指定する項目です

②「拡張」をクリックして画像をアウトライン化する

イラストレーターで手書きの画像をパス化_拡張をクリックしてアウトライン化

最後に画面上メニューにある「拡張」をクリックして画像をアウトライン化しましょう。

上記画像のようにアウトライン化できれば、線の太さや形、色などを編集できます。

Illustrator|複雑な画像をパス化する方法

色や形が複雑な画像をパス化するときは、カラーモードやパレットを調節します。

【Illustrator|複雑な画像をパス化する方法】

  1. アートボードに画像を配置する
  2. 「ウィンドウ」→「画像トレース」でカラーモードやパレットを変更する
  3. 「拡張」をクリックして画像をアウトライン化する

手順①の「アートボードに画像を配置する」方法は、冒頭でも紹介しているため、ここでの解説は割愛します。

①「ウィンドウ」→「画像トレース」でカラーモードやパレットを変更する

Illustrator|複雑な画像をパス化_カラーモードやパレットを変更

アートボードに画像を配置したら、「ウィンドウ」→「画像トレース」でオプションメニューを開きます。

・カラーモード:カラーに設定

・パレット:フル階調

上記の設定にすると、使用されるカラーの数が増えるので色鮮やかなイラストに仕上がります。

カラーの数値に正解はないので、ご自身の好みにあわせて調節してみてください。カラーの値が小さいとイラスト風の仕上がりになり、値が大きいと写真のような印象になります。

まとめ

今回はIllustratorで画像をパス化する方法を解説しました。

【おさらい】

・パスとは、ペンツールや矩形ツールなどで作成した「線」で構成されたもの

・Illustratorで描くイラストは、基本的に全て「点と線」で構成されている

・ベクトル画像は拡大や縮小を繰り返しても画質が劣化しない

・Illustratorで画像をパス化するときは、主に「画像トレース」の機能を活用する

・手描きのイラストや複雑な形や色をした画像のパス化できる

画像をパス化することで、色や形など自由自在に調節できるとわかりました。

ぜひ本記事の内容を参考に、画像のパス化を試してみてください。

最後になりますが、WEBデザインの技術を駆使すれば、副業で稼ぐことから自身の仕事にすることもでき、あなたの可能性をさらに高めていくことが可能です。

イラストレーターの使い方についてもっと知りたいのですが...

イラストレーターのできることや、細かい動作の使い方については「Illustratorでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説」にて纏めております。

Adobe製品をコスパ良く使う方法はありますか?

実は公式サイトで購入するよりも、ヒューマンアカデミーのAdobe通信講座を使うことによって、公式HPからを買うよりも約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。

細かい情報は「Adobe CCを安く購入する裏ワザ」に纏めてあります。

興味のある内容がありましたら、是非上記の記事も確認して見て下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる