Illustratorの背景を透明にする方法は?透明にならない時の対処法も解説

・Illustratorの背景を透明にしたい

・Illustratorの背景が透明にならない原因と対処法を知りたい

・書き出しするときのファイル形式は何がいいの?

Illustratorは、Adobe社が手がけるイラスト・デザインソフトです。さまざまな機能が搭載されており、背景を透明にした画像を作成することもできます。

今回は、Illustratorの背景を透明にする方法を解説します。また、背景が透明にならない原因と対処法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
目次

Illustrator|デフォルトの背景は白

Illustrator|デフォルトの背景は白

Illustratorで作成したオブジェクトの背景は基本的に透明になっています。

しかし、アートボードの背景がデフォルトで白色になっているので、パッと見ただけでは区別がつきません。

そのため、後述する手順に沿ってアートボードの背景を透明する必要があります。

Illustrator|アートボードの背景を透明にする方法

Illustrator|アートボードの背景を透明にする方法

【Illustrator|アートボードの背景を透明にする方法】

  1. Illustratorに画像を配置する
  2. 上部メニューの「表示」→「透明グリッドを表示する」を選択
  3. 保存場所やファイル形式を指定する

①Illustratorに画像を配置する

Illustratorに画像を配置する

【Illustratorに画像を配置する2つの方法】

・新規ドキュメント作成後、画像をドラッグ&ドロップする

・新規ドキュメント作成後、「ファイル」→「配置」を選択する

上記の方法であれば、どちらでも構いません。ご自身のやりやすい方法を選択しましょう。

また、画像を配置するだけではなく「長方形ツール」や「楕円形ツール」などで描いたイラストであっても背景を透明にできます。

②上部メニューの「表示」→「透明グリッドを表示する」を選択

イラストレーター上部メニューの「表示」→「透明グリッドを表示する」を選択

アートボードに画像を配置したら、上部メニューの「表示」→「透明グリッドを表示する」を選択します。

イラストレーター_透明グリッドの結果

すると、上記画像の通り白色だったアートボードが透明になりました。

③スクリーン用に書き出しパネルを表示する

画面上のメニューより「ファイル」→「書き出し」→「スクリーン用に書き出し」の手順で進みましょう。

イラストレーター_スクリーン用に書き出し

「書き出しパネル」が表示されたら、上記画像の赤枠(歯車マーク)をクリックして詳細設定を開きます。

イラストレーター_背景が透明色になっているか確認

「背景色」が透明になっていることを確認して、「設定を保存」をクリック。あとは保存先やファイル形式を指定するだけです。

書き出し時のファイル形式は「PNG」がおすすめ。「PNG8」はファイルサイズを軽くしたい場合に使う項目です。

スポンサーリンク

書き出し時のファイル形式は用途にあわせて選ぶ

「スクリーン用に書き出し」パネルで選択できる保存形式は、さまざまな種類があります。

形式 メリット デメリット
PNG ・透過画像を作成できる

・可逆圧縮なので画質が劣化しない

・データ容量が大きくなる
JPG ・フルカラーを扱えるので写真やグラデーションをきれいに表示できる

・高画質を保ったまま圧縮をかけられる

・非可逆圧縮なので保存を繰り返すと画質が劣化する

・透過画像にできない

GIF ・透過画像を作成できる

・データサイズが軽く、可逆圧縮なので画質が劣化しない

・GIFアニメーションが作成できる

・色数が256色しか使えないため写真やグラデーションに不向き

「どれでもよい」わけではなく、用途に合わせて選ぶことが大切です。

透明画像で書き出すなら「PNG」

背景が透明の画像を書き出すなら「PNG」形式がおすすめです。

【PNGの種類】

・PNG

・PNG8

PNGはPortable Network Graphicsの略で、拡張子は「.png」です。

JPEGとGIF両方のメリットを取り入れたものですが、JPEGとGIFに比べてデータ容量が大きくなるのがデメリットとして挙げられます。

PNG8はファイルサイズは軽いものの、グラデーションの表現は苦手です。

持っている色情報も少ないので、フチが粗くなってしまうのが難点。カラーのクオリティを保ちながら背景を透過させるならPNGを選びましょう。

写真なら「JPG」で書き出し

JPGは主に写真を保存するときに用いられます。高画質かつデータ容量をおさえながら保存できるのが特徴です。

JPGは「非可逆圧縮」の画像形式のため、画質を落として保存すると元の画質には戻せません。さらに、保存するたびに画質が劣化するため、保存するタイミングが重要です。

ファイルサイズを変更するなら、元画像を保存した上で実行しましょう。

色数の少ない画像は「GIF」で書き出し

GIFとは、Graphics Interchange Formatの略で拡張子は「.gif」と表します。

最大256色で表現されるため、色数の少ない画像の保存に適しています。JPGとは異なり「可逆圧縮」のため、画質を落として保存しても元画質に戻すことができます。

GIFの特徴は、アニメーション画像を作成できることです。色数の少ないシンプルなアニメーションを作成するときに活用します。

Illustratorで背景が透明にならないときの原因と対処法

背景が透明にならないときは、主に以下の原因が考えられます。

【Illustrator|背景が透明にならない原因】

・アートボードに白い画像を配置している

・背景色が白抜き設定の状態になっている

それぞれ項目を詳しく解説するとともに、対処法をご紹介します。

①アートボードに白い画像を配置している

最も多い原因が、アートボードに白い画像を配置していることです。

Illustratorのアートボードはデフォルトで白色になっています。それに対して白い長方形などを設置していた場合、それが背景と認識されてしまうため、PNG形式で書き出しても透明になりません。
Illustratorの画面右にある「レイヤーパネル」から、白い画像となっているレイヤーを「Deleteキー」または「ゴミ箱」アイコンを押して削除しましょう。

②背景色が白抜き設定の状態になっている

IllustratorではPNG形式で保存しても背景が透明にならないことがあります。

白抜き設定の確認方法は以下の通りです。

【白抜き設定の確認方法】

  1. 画面上のメニューから「ファイル」→「書き出し」→「スクリーン用に書き出し」を選択する
  2. パネル右下の歯車アイコンをクリック
  3. 「背景色」を透明にする

「背景色」が「ホワイト」または「ブラック」になっている場合は、PNG形式で書き出しても背景が透明になりません。透明に書き出すときは、必ず「透明」を選択しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回はIllustratorで背景を透明にする方法と書き出し設定、透明にできないときの原因と対処法について解説しました。

【おらさい】

・Illustratorのアートボードはデフォルトで白色になっている

・「透明グリッドを表示」を適用することで背景が白色から透明になる

・さまざまなファイル形式があるので用途に応じて使い分ける

・画像を書き出すときは「PNG」形式がおすすめ

・背景が透明にならないときは、白い画像を配置しているか書き出し設定が「ホワイト」または「ブラック」になっている

背景を透明にすることで、バナーやイラスト制作に便利な画像を書き出すことができます。

アートボードにイラスト・画像・写真を配置してから、わずか数ステップで完了するので、初心者でも簡単に実行できます。ぜひ本記事の内容を参考に試してみてください。

最後になりますが、WEBデザインの技術を駆使すれば、副業で稼ぐことから自身の仕事にすることもでき、あなたの可能性をさらに高めていくことが可能です。

イラストレーターの使い方についてもっと知りたいのですが...

イラストレーターのできることや、細かい動作の使い方については「Illustratorでできることは?使い方を5つに分けて徹底解説」にて纏めております。

Adobe製品をコスパ良く使う方法はありますか?

実は公式サイトで購入するよりも、ヒューマンアカデミーのAdobe通信講座を使うことによって、公式HPからを買うよりも約50%(30000円相当)安くAdobeCCコンプリートプランを使うことが可能です。

細かい情報は「Adobe CCを安く購入する裏ワザ」に纏めてあります。

興味のある内容がありましたら、是非上記の記事も確認して見て下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次