【Windows10】GoogleのMeetでマイクが使えない場合の解決方法

テレビ会議やチャット等のコミュニケーションツールとして重宝してきた人も多い「Googleハングアウト」が2018年5月に「Meet」に移行しました。

そこで本記事では「G Suite」のテレビ会議サービスである「Googleハングアウト」と「ハングアウトMeet」を利用していて相手に声が届かない場合の解決方法についてお話します。

目次

Meetでマイクが使えない場合の解決方法

Meetで相手に音が届かない場合は4つの方法を試してみて、解決できるかを確認しましょう。

【手順1】MeetのマイクをON/OFFしてみる

ハングアウト/Meetのマイク設定をON→OFF→ONと切替してみてください。再度接続することが出来るので、音が相手に届かない場合解決することがあります。

【手順2】マイクがミュートになっていないか確認する

パソコン側の設定で自身のパソコンのサウンド設定が「ミュート」になっていないか確認しましょう!Windows10の場合は上記の方法で設定を変更出来るので試してみてくださいね。

意外とマイク設定をミュートにしているのを忘れている場合が多いので注意!

【手順3】デバイスマネージャーを確認する

次もパソコンの設定を確認します。デバイスマネージャーの中にある「オーディオの入力および出力」の「内臓マイク」をダブルクリックします。

ドライバータブの「ドライバーの更新」をクリックします。次に「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックして、あとはインストールが完了するまで待つだけです。

【手順4】Wi-Fiを繋ぎなおす

Wi-Fiを一度切断して、繋ぎ直すことでネットワークの不具合が解消されてハングアウト/Meetで音声が相手に届くようになる時があります。

【まとめ】GoogleのMeetでマイクが使えない場合の解決方法

GoogleのMeetは、パソコンの環境にも影響を受けて不具合が出る時があります。相手にMeetでこちらの声が相手に届かなくなった場合は、この4つの解決策を順番に試してみてくださいね。

  1. MeetのマイクをON/OFFしてみる
  2. マイクがミュートになっていないか確認する
  3. デバイスマネージャーを確認する
  4. Wi-Fiを繋ぎなおす

ネットワーク系の不具合は「原因がパソコンにあるのか」「ネットワークにあるのか」「ソフトにあるのか」これらを早めに切り分けしてあげることが解決への近道です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる