【初心者必見】クラウドソーシングで動画編集を仕事にする方法

・クラウドソーシングで動画編集の仕事はできるの?
・初心者でも稼げるの?
・クラウドソーシングで動画編集の仕事をするときに必要なスキルや機材はあるの?

こんな悩みに答えます。

動画編集を仕事にしていきたいと感じているものの「クラウドソーシングで仕事にできるかどうか分からない」と考えている方は多いのではないでしょうか?
本記事では、上記のような悩みを抱えている方に向けて、クラウドソーシングの概要や案件獲得までの流れ、動画編集を仕事にするために必要なスキル・機材を紹介します。

この記事を読むことで、初心者でも稼ぐためにするべきことについて理解することができますよ。

目次

【初心者・未経験可】クラウドソーシングの動画編集は稼げる

【初心者・未経験可】クラウドソーシングの動画編集は稼げる

結論から申し上げると、クラウドソーシングを使って動画編集を仕事にすることは可能です。

【クラウドソーシングが稼げる理由】

  1. 初心者・未経験者を採用する案件が豊富
  2. 毎日のように新しい仕事案内が追加される
  3. スキマ時間を活用して仕事ができる

動画編集の仕事が稼ぎやすいと言われている理由として挙げられるのが、動画市場の拡大です。

動画編集の副業は未経験でも稼げる!案件を獲得する4つのコツ」でも解説している通り、動画の市場規模は今後も増加傾向になると予想されています。

さらにユーザーがブログのようなテキスト媒体からYouTubeの動画媒体にが流れている影響もあり、企業は動画広告やコンテンツに力を入れているのが現状です。

つまり今後も動画関連の仕事が増えていくことが考えられるのです。

代表的なクラウドソーシング3選|動画編集の相場

【代表的なクラウドソーシングと動画編集の相場】

クラウドソーシング 仕事内容 相場
クラウドワークス YouTubeの動画編集 10,000円〜50,000円
ランサーズ YouTubeの動画編集

インタビュー動画制作

5,000円〜50,000円
ココナラ プロフィールムービー 3,000円〜30,000円

※公式サイト参照

仕事内容や依頼主の予算によって報酬は異なりますが、一般的な相場は表の通りです。

カット・テロップ挿入など、いわゆる簡単な仕事は報酬が少ない傾向です。一方で商品・サービスのPR動画やドローンなどの特殊な映像の動画編集は報酬が高くなります。
つまり着実にスキルを積み上げていくことで、単価の高い仕事を受注できるようになるのです。

クラウドソーシングで動画編集の仕事を受注する流れ

クラウドソーシングで動画編集の仕事を受注する流れ

【クラウドソーシングの流れ】

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. 仕事に応募する
  3. 契約する
  4. 納品する
  5. 報酬を受け取る
大手クラウドソーシングサイトであるクラウドワークスやランサーズは、上記の流れで仕事を進めていきます。

①クラウドソーシングサイトに登録する

【クラウドソーシング】

クラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」は無料で登録できます。

それぞれのクラウドソーシングサイトは何が違うの?

3社の違いは、案件数と求められるスキルです。

クラウドソーシング 案件数 求められるスキル
クラウドワークス 初心者〜上級者
ランサーズ 中級者〜上級者
ココナラ 中級者〜上級者

クラウドワークスは初心者におすすめ

クラウドワークスは日本最大のクラウドソーシングサービスであり、動画編集だけではなくイラスト制作や記事制作、ホームページ制作など幅広い案件を取り扱っています。

「初心者・未経験可」の案件も多く、仕事をしながらスキルを身につけられると評判です。

ランサーズはスキル次第で大きく稼げる

ランサーズは中級者〜上級者向けのクラウドソーシングサイトです。確かなスキルを求められますが、それだけ報酬も高い傾向があります。

最大のメリットは法人と仕事ができることです。継続的な仕事に期待できるため、安定した収入を得られます。

ココナラはオリジナリティが強みになる

ココナラは自分のスキルを販売することをコンセプトにしているクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスやランサーズとは異なり、自ら営業をかけられないのがデメリットとして挙げられます。

しかし「自分にしかできない強み」がある場合、他のユーザーと差別化が図れるため大きく稼げるチャンスがあります。

②仕事に応募する

クラウドソーシングに登録したら、実際に仕事を探してみましょう。

クラウドソーシングは主に3つの応募方式があるため、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。

【クラウドソーシングの応募方式】

応募方式  内容 主な仕事
タスク ・複数の受注者に仕事を依頼する制度 ・アンケート

・レビュー

プロジェクト ・案件に対して受注者が見積もりを提案する制度 ・動画編集

・記事作成

コンペ ・発注者の案件に対して受注者が提案をおこない、気に入った提案に報酬を支払う制度 ・ロゴやイラスト制作

・キャッチコピー作成

単価が高く継続的な仕事に期待できるのが「プロジェクト方式」です。

アンケートやレビュー入力の仕事は、1件あたり10円〜30円程度と単価は低めです。一方で動画編集や記事作成は、1件あたり3,000円〜50,000円の報酬を得られます。

「動画編集を副業にしたい」、「独立して仕事にしたい」という方は、1件あたりの単価が高いプロジェクト方式を選びましょう。

③納品する

【納品するときのポイント】

・途中経過を随時報告する

・納期・納品方法は厳守

すべての作業が終わって納品すると「これはイメージと違います。もっとテロップをシンプルにしてください」など、修正依頼をされることがあります。

完成後に修正をするのは時間がかかってしまうため、作業が50%終わったあたりで一度確認の連絡をしましょう。

④報酬を受け取る

作業終了後に「納品報告」をして依頼主に仕上がりの確認依頼をしてください。

検収完了と評価されたらクラウドソーシングサイトから報酬を受け取ることができます。

発注者に直接契約をしないかと言われました。どうするべき?

直接契約とはクラウドソーシングサイトを飛ばして発注者と受注者が直接仕事のやり取りをすることです。

【直接契約のメリット・デメリット】

契約形態 メリット デメリット
直接 仲介者に手数料を引かれることがない 報酬未払いになる可能性がある

クラウドソーシングサイトを介さないことで、仲介手数料が発生しないため報酬を多く受け取ることができます。

しかし今までクラウドソーシングサイトが担っていた「仮払いシステム」がなくなってしまうため、納品後に報酬が支払われないというケースも発生します。

またクラウドソーシングの多くは「直接契約」を禁止しています。

原則として直接契約は禁止しています。直接契約が行われるとサイトの運営が困難になりますので、クラウドワークス上で契約してください。

引用:クラウドワークス

このようにクラウドソーシングは、あらかじめ直接契約を禁止しているため、報酬の未払いが発生した場合は自分で責任をとる必要があります。

「より多くの報酬をもらいたい」という気持ちはわかりますが、報酬の未払いなどのアクシデントを防ぐためにも直接契約は避けましょう。

動画編集の仕事を獲得するために必要なスキル・機材

動画編集の仕事を獲得するために必要なスキル・機材

【必要なスキル・機材】

・動画編集に対応したPC・ソフト

・カットやテロップ挿入、BGMの設定

・コミュニケーション能力

動画編集に対応したPC・ソフト

クラウドソーシングで動画編集の仕事を受注するなら、スマホではなくPCが必要です。

【PCが必要な理由】

・アニメーションや合成など凝った編集ができる

・カットやテロップ挿入、テキスト入力など細かい作業がしやすい

・4Kなど容量の大きい編集もスムーズにできる

またPCのなかでも「無料ソフト」と「有料ソフト」の二種類あります。

【有料ソフトと無料ソフトのメリット・デメリット】

PCソフト メリット デメリット
無料版 ・お金がかからない ・機能制限やウォーターマークが挿入する

・こだわった編集ができない

・動画の書き出し数に限りがある

有料版 ・プロのようなクオリティに仕上がる

・スキルが身につきやすい

・お金がかかる

無料ソフトは手軽に始められるものの、機能性に乏しいのが残念なポイント。たとえば発注者に「スタイリッシュなフォントにしてほしい」と言われたときに、無料ソフトだと対応できないことも考えられます。

一方で有料版のソフトは標準搭載されている機能が豊富なうえ、フォントやエフェクトなどを後付けで追加することも可能。つまり発注者の要望にあわせた動画に仕上げられるのです。

カット・テロップ・BGMの設定

どのぐらいのスキルがあれば仕事を受注できるの?

クラウドソーシングで動画編集の仕事をするなら、基本的なスキルである「カット編集・文字起こし・テロップ挿入・BGMの挿入」はできるようにしておきましょう。

クラウドソーシングサイトでは1本の動画制作をするだけではなく、「カット編集を10本〇〇円」や「テロップ挿入・文字起こし〜〇〇円」など、部分的な仕事を受けることも可能です。

コミュニケーション能力

動画編集に限らず、どんな仕事でも「報告・連絡・相談」のコミュニケーションは必要です。

クラウドソーシングは、案件獲得から納品まで発注者・受注者が顔をあわせることがありません。チャットなどを利用しながら仕事を進めていくので、相手に伝わりやすい言葉・文章を心がけましょう。
もし仕事の進め方が不安であれば、気になったときに確認するのが大切です。

クラウドソーシングで動画編集の仕事を獲得するコツ

クラウドソーシングで動画編集の仕事を獲得するコツ

【動画編集の仕事を獲得するコツ】

・プロフィール文章は箇条書きでわかりやすく

・応募文章は発注者のベネフィットを重視する

・初心者は単価の低い仕事をして実績をつくる

①プロフィール文章は箇条書きでわかりやすく

プロフィールページは「名刺」となる部分です。

資格や特技、実績をアピールしたい気持ちはわかりますが、長々と書くのではなく相手に伝わるように文章をまとめましょう。

【悪い例】

30歳の〇〇です。動画編集の仕事をはじめてから約2年経ちました。今までは結婚式のプロフィールムービーやYouTubeの動画制作、インタビュー動画制作をおこなってきました。得意なことはMVのようなシネマティックムービーの制作です。動画編集だけではなく撮影もできます。

【良い例】

・年齢:30歳

・動画編集をはじめてから:約2年

・ 実績:結婚式のプロフィールムービー、YouTubeの動画制作、インタビュー動画制作。

・得意な編集方法:シネマティックムービー(実際のURL)

動画編集はもちろんのこと、撮影もできます。商品やサービスのプロモーション映像を撮影したい方は、お気軽にご相談ください。

プロフィール文章に記載する基本的な情報は箇条書きでまとめるのがおすすめ。そのほかの情報は2〜3行の文章で補足しましょう。

②応募文章はベネフィットを重視する

“私”を採用すると、どんないいことが待っているのか明確に伝える

仕事に対する熱量を伝えるために長々と文章を書いてしまう方は多いと思いますが、逆効果になる可能性があります。

なぜなら発注者は10〜30件以上の応募のなかから採用を決めるため、ブログのように長々と書かれた文章はざっくりと読んで流してしまうからです。

つまり重要なのは、ざっくりと読み進めても意味がわかる文章を書くことです。

なかでも自分を採用することで得られるベネフィットを伝えることを意識しましょう。

【例文】

はじめまして。

〇〇と申します。

・経歴:2年目

・使用できるソフト:Adobe Premiere Pro、Adobe After Effects、Final Cut Pro

・実績:YouTubeの動画編集、インタビュー動画、コスメのPR動画

・過去掲載動画:①URL〜/②URL〜

・自己PR:〇〇のインタビュー動画をYouTubeに公開したところ、高評価の数が〇〇、数日間でチャンネル登録者が〇〇名増加しました。「このチャンネル絶対伸びる」、「続編に期待」とポジティブなコメントをいただいています。

作業開始から〇〇日で納品できる予定です。

よろしくお願いいたします。

このように発注者が求めることに寄り添った文章を入れると、他の応募者と差別化ができます。

初心者は単価の低い仕事をして実績をつくる

初心者はいくら応募しても採用されないじゃないか!実績もないし応募文にベネフィットを書けないよ?

一部では「クラウドソーシングサイトは稼げない」と言われています。このような事態になる理由として挙げられるのが、最初から高単価の仕事に応募しているからです。

発注者の目線になって考えると、プロと初心者ならプロにお金を払って仕事を依頼したいですよね。

発注者からの信頼を得るためには、自分のアカウントの評価を上げることが大切です。

ランサーズやクラウドワークスは、アカウントごとに実績や信用度をランク分けする制度を採用しているため、しっかりと仕事をしてくれる人には高単価の案件が獲得しやすくなっています。

つまり単価の低い仕事で実績をつくり、徐々に仕事の単価をあげていくことで稼げるようになります。

まとめ

今回はクラウドソーシングの概要や案件獲得までの流れ、動画編集を仕事にするために必要なスキル・機材を紹介しました。

クラウドソーシングは稼げないと言われがちですが、コツコツを実績をつくることで仕事の単価が高くなっていきます。動画編集の副業をしたい方や、動画編集の仕事で独立したい方はぜひ試してみてください。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. AdobeのPremiere Proは、YouTubeの動画編集から、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われています。操作も使いやすく、その他After Effects・Illustrator・Photoshopという同じAdobeソフトを併用することで、さらに質の高い動画を作ることが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる