After Effectsに無料体験版はある?期間や条件について詳しく解説

動画編集の質を上げる為にAfter Effectsのソフトに興味を持っているんだけど、無料で使う方法はないのかな…?

こんな悩みに答えます。

プレミアプロで動画編集を行っていて「After Effectsに興味を持っているけど無料で使える方法はないの?」と疑問を持っている方は多いでしょう。
そこで本記事では、After Effectsを無料で使う方法について解説していきます。

この記事を読むことで、After Effectsを簡単に利用する方法について知ることができますよ。

目次

After Effectsに無料体験版はあるの?

After Effectsに無料体験版はあるの?

Adobe公式サイトより引用

After Effectsは、無料体験版を利用することで7日間無料で使うことが可能です。

しかし残念なことに、After Effectsを永久に使用することはできないので注意しましょう。

次にAfter Effectsの無料ダウンロード方法について解説していきますね。

After Effectの無料体験版をダウンロードする方法

After Effectの無料体験版をダウンロードする方法は下記の通りです。

  1. After Effectsの公式サイトに移動
  2. 無料で始める」という青ボタンがあるので選択
  3. 無料期間終了後に使用するプランを選択するとダウンロードが開始

無料で始める」というボタンを押すとこのような画面になります。

After Effectの無料体験版をダウンロードする方法_無料で始めるをクリック

左はAfter Effectsのみを使用することができるプランで、右のCreative_CloudコンプリートプランはAdobe社のソフトを全て使用することができます。

一般的にAfter Effectsはプレミアプロと抱き合わせることが多いので、コンプリートプランを使った方がお得に使うことが可能です。

After Effectsの無料体験版の期間や条件は?

After Effectsの無料体験版の期間や条件は?

After Effectsの無料体験版のダウンロード方法について解説しましたが、無料体験版には期間や条件が存在します。

本章では無料体験版の期間や条件を細かく解説していきますね。

無料体験期間は1週間

まずAfter Effectsの無料体験版の利用期間は1週間です。

そのため、ダウンロードしっぱなしで放置していると期間がすぐに終わってしまいますの注意しましょう。簡単な動画でしたら余裕を持って作ることが可能です。
短いと感じるかもしれませんが、実際にどんなものなのかを判断する期間としては丁度良い期間と言えます。

無料体験期間中の機能的制限はなし

After Effectsの無料体験期間中の機能的制限はありません。

無料体験版の期間中では有料版と同じ条件で利用することができますので「連携した時の使いやすさ」や「動画の質がどの程度上がるのか」をしっかり見極めることが可能です。
体験版は機能的な制限がかかることが多いですので、これは大きなメリットだと言えますね。

無料体験版は商用に使うことはできない

After Effectsの無料体験版中に作った動画は、商用に使うことはできないので注意しましょう。

無料版は有料版と同じ機能を使用することができ、サポート機能も有料版と同じように受ける事ができます。しかしあくまでも性能確認のためという点を忘れないようにしましょう。
有料版であればお金を払っている間は使用することができますし、商用に利用することも可能です。

無料体験版のダウンロードは1回のみ

無料体験版のダウンロードは1回のみですので、何度も利用することはできません。

After Effectsの無料体験版は一度しかダウンロードできないので、ダウンロードする際は注意して行いましょう。

After Effectsの有料版が好まれる4つの理由

After Effectsの有料版が好まれる4つの理由

After Effectsの無料体験版について解説してきましたが、無料体験版が終わった後でも継続して利用する方は多いです。

そこで本章では、After Effectsの有料版が好まれる4つの理由について解説していきます。

クオリティの高い動画を制作することができる

1点目は「クオリティの高い動画を制作することができる」という点です。

After Effectsを利用すると、基本的に映像系のエフェクトなら何でも制作することができます。
  • 炎・雷・雪など自然現象
  • 映画風のタイトル・エフェクト
  • ホログラム
  • 肌をきれいにする
  • 動くアニメーション

動画のクオリティを上げる為にはその他にもフォントや色味など様々ありますが、エフェクトの部分を変えるだけでイメージを大幅に変えることが可能です。

After Effectsを活用することで、あなたの理想の動画に一歩近づけることができますよ。

Premiere Proと連携することが可能

2点目は「Premiere Proと連携することが可能」という点です。

Macには動画編集ソフトが内蔵されているのでそちらを使用する方もいますが、Windowsの方なら動画編集にAdobe Premiere Pro使用することが多いです。
After Effectsと同じ会社が提供しているため、Premiere ProとAfter Effectsを連携させることが簡単で、ストレスなく動画編集を進めることができます。

解説動画が豊富で初心者でも作成することができる

3点目は「解説動画が豊富で初心者でも作成することができる」という点です。

After Effectsを利用している方が多いため、その分解説動画が豊富にあります。YouTubeで「After Effects エフェクト」と検索すると色んなエフェクトの作成方法が解説されています。

After Effectsは解説動画が豊富

そのため、初心者の方でもじっくり解説動画を見ることで編集における悩みを解決することが可能です。

After Effectsの使い方についてはYouTubeに分かりやすい解説動画が2つあります。

おすすめの使い方としては、スマホで動画を視聴しながらPCで実際に模写することです。動画を閲覧するだけでは、理解はできても作成することはできません。
是非こちらの2つを視聴して、基本的な使い方をマスターしましょう。

他の動画編集ソフトよりもサポート機能が豊富

最後に「他の動画編集ソフトよりもサポート機能が豊富」という点です。

After Effectsのみならず、Adobe社の製品にはサポート機能があります。製品の購入は不具合があった場合、カスタマーケアにチャット形式でやり取りすることが可能です。
カスタマーケアへのお問合わせできますので、困った場合はそちらから連絡してみて下さいね。

After Effectsの有料版の料金価格

After Effectsの有料版の料金価格

After Effectsの有料版の料金価格は下記の通りです。

プラン 料金 詳細
単体プラン
【月払いプラン】
3,828円 After Effectsのみ使用可能
単体プラン
【年間プラン】
2,728円(月) After Effectsのみ使用可能
単体プラン
【年間一括】
2,398円(年間28,776円) After Effectsのみ使用可能
Creative_Cloudコンプリートプラン
【年間プラン】
4,378円(月) 20種類のAdobeソフト使い放題
デジハリ-Adobeマスター講座
【年間プラン】
約3,300円(月)
  • 20種類のAdobeソフト使い放題
  • オンライン学習(1ヶ月分)
  • 添削期間(2ヶ月)

一括で購入すれば実質月額2,398円で使用することができます。

しかしAfter EffectsはPremiere Proと抱き合わせて使用することが多いので、コンプリートプランを活用したほうがお得になるでしょう。

コンプリートプランを使用する場合はAdobeマスター講座を利用すると格安で使うことができます。

After Effectsの有料版を利用する際の2つの注意点

After Effectsの有料版を利用する際の2つの注意点

After Effectsが好まれる理由について解説しましたが、有料版を利用するのであれば注意してほしい点が2つあります。

操作が難しく覚えることが困難

1点目は「操作が難しく覚えることが困難」という点です。

After Effectsは操作がかなり複雑なので、使い方を覚えることが非常に大変だと言われています。使い方を覚えるのに時間がかかってしまう場合もあるでしょう。

しかし解説動画が非常に多く存在していますので、じっくり時間がかければ必ず編集技術は上がっていきます。

クオリティの高い動画を作るのは大変だと認識していれば問題ありません。

月額制で買い切り版はない

次に「月額制で買い切り版はない」という点です。

After Effectsは買い切り版が存在せず、月額制で利用することになります。常に最新版で使える点は非常に魅力的ですが、継続的に料金がかかってしまうので注意しましょう。
最後にAfter Effectsの料金について解説していきます。

まとめ

After Effectsを無料で使う方法に関する記事は以上です。

After Effectsは使い方が難しい反面非常に高いクオリティの動画を作ることができます。上手くスキルを身につければ、副業で稼いだり、フリーランスの動画編集者になることも可能です。

Adobeマスター講座を使えばプレミアプロとあまり変わらない価格帯で使うことができますので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる