Adobe Premiere Proに無料版(永久版)はある?体験版を使い続けられるのか解説

  • Premiere Proを使いたいけど無料で使えるの?
  • Premiere Proの体験版と有料版の違いは?

こんな悩みに答えます。

Adobe Premiere Proは、アメリカに本社を置くソフトウェア会社、Adobe社が開発したグラフィックソフトです。YouTubeの編集からハリウッド映画の編集にも使われています。

そんな有名な動画編集ソフトの1つであるPremiere Proですが、無料で使う方法はないのか?と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか?
本記事では「Adobe Premiere Proを無料で使えるのか?」という点について解説していきます。

この記事を読むことで、Premiere Proの価格から他の動画編集ソフトの違いについても知ることができますよ。

目次

Adobe Premiere Proに無料版(永久版)はある?

Adobe Premiere Proに無料版(永久版)はある?

結論から言うと、Adobe Premiere Proの単体プランやCCプランに無料版(永久版)はありません。

旧バージョンのCS6までなら永久ライセンスで購入することができましたが、CCバージョンでは月単位・年単位で利用するサブスク形式になりました。

しかし無料体験版で7日間は使用することができるので、体感的に使用感を試すことはできるでしょう。

この章ではPremiere Proを無料で使う手順について解説していきます。

公式サイトの「無料で始める」から登録する

Premiere Proは契約する前に「どんなソフトか実際に試してみたい」という方向けに7日間の無料体験版が用意されています。

Adobe Premiere Proを無料で使うには、Adobeのサイトにアクセスしメールアドレス等の登録をする必要があります。

Adobeの公式サイトの「無料で始める」というボタンから、無料体験版の登録をすることが可能です。

Adobe Premiere Pro_無料版_永久版_無料で始める

次に、下記の「始める」から登録を進めます。

Adobe Premiere Pro_無料版_永久版_始めるを押す

次の画面に進むとメールアドレスの入力画面が出てくるので、登録を進めましょう。

Adobe Premiere Pro_無料版_永久版_アドレスを登録

すると、登録したアドレス宛てにAdobeからメールが届きます。届いたメール内容に従ってソフトをインストールすれば、無料体験版を7日間使用することが可能です。

無料体験期間が終わるとソフトが使用できなくなってしますので、注意しましょう。

\ まずは無料体験版から /

Premiere Proの無料体験版と有料版の違い

無料体験版と聞くと使える機能が少ないイメージがありますが、Premiere Proの無料体験版では機能面での制限はありません。

そのため「どのように動画編集できるのか」「操作性に問題がないのかどうか」という点をしっかり判断して利用するか判断することができます。

体験版の削除や再インストールを行った場合は、期間がまだ残っていても無料体験期間が終了してしまうので注意して下さい。

加えて7日間使用して体験期間が終わった場合も同様で、再度無料体験版を利用することはできませんので覚えておきましょう。

Adobe Premiere Proと他の動画編集ソフトを比較

Adobe Premiere Proと他の動画編集ソフトを比較

Premiere Proの無料体験版を利用する手順について解説しましたが、他にも多くの動画編集ソフトがあります。

今ではスマホで編集できる動画編集ソフトも存在しますが、パソコンでの編集と比較するとどうしても機能面で劣る部分があり、不便です。
そこで今回はパソコンで使用できる動画編集ソフトに限定して、他にどんなソフトがあるのか紹介します。

無料で使用できるソフト

iMovie

iMovie

iMovieはMac専用の無料ソフトです。

タイトルの位置が変更できなかったり、有料ソフトと比べて多少自由度は下がりますが、基本的な編集作業はできます。
また、モバイルでも操作可能なので、スマホでも編集作業がしたいという方にはおすすめです。

DaVinci Resolve

DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは有料版と無料版がありますが、無料版でも幅広い編集が可能です。

カラーグレーディングが優れており、このソフトを好んで使う編集者も多数居ます。詳細は下記の記事でも解説していますので、興味がある方はどうぞ。
あわせて読みたい
DaVinci Resolveにできることは?使い方を4つに分けて解説 動画編集を始めようという時に、1番最初に思い浮かぶ悩みとして、「どの編集ソフトを選ぶのか」という問題がありますよね。 実際に動画編集ソフトを選ぼうと思っても「...

AviUtl

AviUtl

AviUtlは簡易的な無料編集ソフトです。

若干、導入が複雑が点ありますが、簡単な編集だけでもやってみたいという方にはおすすめです。機能をアップデートしていけば、機能の幅を拡張することもできます。
あわせて読みたい
AviUtlを無料で使う方法は?ダウンロードから初期設定まで徹底解説 AviUtlって無料で使えるの? AviUtlのメリットとデメリットは? AviUtlの初期設定や他の動画編集ソフトはある? こんな悩みに答えます。 AviUtlにまつわる、あなたの疑...

有料で使用できるソフト

Final Cut Pro

Final Cut Pro

Final Cut ProはMac専用の動画編集ソフトです。

iMovieの上位版のソフトで、相互の互換性もあります。無料のimovieではできない編集機能も搭載されており、より高度な編集が可能です。
詳細は下記の記事で解説しています。
あわせて読みたい
Final Cut Proの使い方は?実際にできることから他社ソフトとの比較まで解説 日本でもトップクラスの人気を誇る「Final Cut Pro」。動画編集ソフトとして有名ですが、どんな優れた機能があるか知っていますか。 そこで今回は、Final Cut Proででき...
あわせて読みたい
Final Cut Proに無料体験版はある?期間や特徴について解説 こんな悩みに答えます。 動画編集ソフトに悩んでいて「Final Cut Proにしようか悩んでいる」という方は多いのではないでしょうか? この記事を読むことで、あなたに最適...

Filmora

Filmora

Filmoraは初心者向けの動画編集ソフトです。

プロの映像ほどのクオリティのものではなく、お洒落な映像が作りたいというライト層にはおすすめできます。YouTube編集よりかはよりクリエイティブな層におすすめと言えるでしょう。
こちらも同様に詳細情報を解説しています。
あわせて読みたい
Filmora(フィモーラ)の使い方を解説!ダウンロードの手順も解説 Filmora(フィモーラ)の使い方について気になっていませんか。 この記事を読むことであなたの疑問を解決することができますよ。 【Filmora(フィモーラ)とは】 Filmoraと...
あわせて読みたい
Filmoraを無料で使用するには?無料版と有料版の違いも解説 こんな疑問にお答えします。 今や学生でさえ副業で動画編集を始める時代になりました。動画編集が身近な存在になってきましたが、いざ動画編集を始めようとすると「どの...

Power Director

Power Director

Power DirectorはWindowsのみ使用できる動画編集ソフトです。

日本で最も人気が高いとされている編集ソフトで、操作がシンプルなので、初心者でも親しみやすい印象があります。
画面の録画機能が特徴で、主にゲーム実況の際に重宝されるソフトだと言えるでしょう。
あわせて読みたい
PowerDirector(パワーディレクター)の使い方!チュートリアルで楽々編集作業 PowerDirectorは優秀な編集ツール、豊富な素材が用意された動画編集ソフトです。 PowerDirector(パワーディレクター)に興味を持っているものの、使い方についてよく分か...
あわせて読みたい
PowerDirectorに無料体験版はある?できることや制限について解説 こんな悩みに答えます。 動画編集ソフトの1つであるPowerDirector。その無料体験版について知りたい方は多いのではないでしょうか? 【PowerDirectorとは】 PowerDirect...

Adobe Premiere Proが優れている5つのポイント

Adobe Premiere Proが優れている4つのポイント

無料の動画編集ソフトから有料のものまで様々解説してきましたが、結論最も優れているソフトはAdobe Premiere Proです。

この章ではAdobe Premiere Proの優れている点を順に紹介していきます。

MacにもWindowsにも対応

1つ目の理由は、パソコンのOSに関係なく使用することができるという点です。

動画編集ソフトの中にはWindows専用のソフトだったり、Mac専用のソフトだったりと利用できるOSが限定されている場合があります。

上記のFinal Cut ProやiMovieはMac専用のソフトな為、Windowsユーザーは使用することができません。

しかしPremiere Proの場合はどちらのOSにも対応しているので、データの受け渡しや仕事面において、どんな状況にも対応できる点は非常に大きなメリットです。

また、Cloudサービスなのでアカウントさえ作っておけば一台のパソコンに限定されることなく利用できるので、他のパソコンで利用したいというときにも作業することができます。

他のAdobeソフトと連携することが可能

2つ目の理由は「他のAdobeソフトと連携することが可能」という点です。

代表的なソフトを挙げるとするならば、After Effectsでしょう。基本的な動画編集に加えて、さらに効果の高いエフェクトを入れむことができるので、クオリティが非常に高くなります。
そのため、仕事でクオリティの高い動画を作っていきたいと考えている方は、非常に向いていると言えるでしょう。

編集で分からない問題を解決しやすい

3つ目の理由は「編集で分からない問題を解決しやすい」という点です。

Adobeは世界的に見ても利用ユーザー数が非常に高いので、編集に関して分からないことがあれば、大体Google検索かYouTube検索で解決することができます。

どうして多くのユーザーに支持されているのか、その魅力を纏めてみました。

  • 様々なフォーマットのファイル形式に対応
  • 操作性の高さによる作業の効率化
  • 音響もワンクリックで編集可能
  • グラフィックス搭載により色彩表現の幅が広い
  • 他のソフトとの連携がスムーズに行える
充実した機能は勿論、Adobeの他のソフトと連携することで、さらに高度な編集が可能な点も支持される要因です。

チュートリアルで使い方が学べる

4点目は「チュートリアルで使い方が学べる」という点です。

Premiere Proは使い方が分からない方でも、ホームページにチュートリアルが用意されており、使用方法を学ぶことができます。

また先ほども述べたようにYouTube上にもチュートリアルや紹介動画が多数投稿されている為、初心者の方でも動画を見ながら編集作業することもできるでしょう。

いずれにしろ全く操作が分からないという方も、簡単に動画編集の世界に参入することができますので、これはメリットと言えるでしょう。

クラウドソーシングでの仕事が取りやすい

近年では実際に動画編集を学んで、「副業として」「フリーランスとして」動画編集を仕事にしたいと考えている方も増えていますよね。

フリーランスの方がよく利用されるクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトでは、仕事の募集要項において条件が指定されていることがあります。

その募集要項を実際に見てみると、Adobe Premiere Proを使用することが条件として提示されていることが多いです。

個人で使用されているユーザーも多いですが、企業で導入されているケースも多いので、Premiere Proが使えるということは仕事を取る際にも有利に働きます。

応募できる求人の母体が大きくなれば、仕事に繋がる可能性も大きいので、これから仕事として動画編集をやっていきたいという方にとっては強い味方になってくれることでしょう。
あわせて読みたい
【初心者必見】クラウドソーシングで動画編集を仕事にする方法 ・クラウドソーシングで動画編集の仕事はできるの? ・初心者でも稼げるの? ・クラウドソーシングで動画編集の仕事をするときに必要なスキルや機材はあるの? こんな悩...

Adobe Premiere Proの料金価格は?プランと共に解説

最後にAdobe Premiere Proの料金価格について解説していきますね。

Adobe Premiere Proは、基本的に月額制になります。買い切りのソフトを購入して使用できるものではなく、毎月契約を更新し月額料金を支払うサブスクリプションです。
料金表は下記の通りです。支払い方法は月払いと年間契約があり、年間契約の方がお得になっています。長期的に使用を考えている方は、年間で契約をするのが良いでしょう。
プラン 料金
年間プラン(月払い) 2,480円
年間プラン(一括払い) 26,160円
月契約 3,480円

\ まずは無料体験版から /

プレミアプロでできることを解説してみた

もし複数のソフトを使いたい場合はAdobeコンプリートプランがおすすめ

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver
Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy
InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension
2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了

*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円と毎月1,916円お得に使うことができます。

しかしちょっと待って下さい!実はAdobe公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を経由した方が、公式HPからを買うよりも約50%(年間で約30000円相当)安く使うことができるんです。

adobeマスター講座

Adobeマスター講座詳細について詳しく知りたい方は「AdobeCCを安く買う裏ワザ」の記事を参考にしてみてください。

\ 年間で約30,000円お得に /

まとめ

今回は、Adobe Premiere Proを無料で使用する方法やおすすめする理由について解説しました。

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる