Adobeのフォトプランとは?特徴や単体プランとの違いも解説

・Adobeのフォトプランってなに?

・画像編集や色調補正をするならどのソフトがおすすめ?

・PhotoshopやLightroomをお得に使いたい

画像編集や色調補正をしたいと思っている方のなかには、このような悩み・疑問を抱えている方は多いでしょう。

そこで今回は、Adobeフォトプランの特徴や料金価格について徹底解説します。PhotoshopとLightroomの機能や解約・プラン変更方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Adobeのフォトプランとは

Adobeのフォトプランとは

Adobeのフォトプランとは、Adobeソフトのなかでも写真編集や加工、色調補正の機能に優れた「Photoshop」と「Lightroom」がセットになったプランです。

【フォトプランで利用できるソフト】

・Photoshop

・Photoshop Lightroom

・Photoshop Lightroom Classic

写真の色や明るさ、さまざまな合成を加えることで、クオリティの高い作品に仕上げることができます。

また、フォトプランに含まれるPhotoshopやLightroomはインターネットに接続しなくても使用可能。外出先で撮影したデータをその場で編集したい時にも便利です。

Photoshopでできること

Photoshopとは、写真の編集や合成、アニメーション、グラフィックデザインまでできるソフトです。

【Photoshopでできること】

・YouTubeのサムネイル作成

・人物や動物の表情を変える加工

・写真にある不要なものを消去する編集

・合成写真の作成

・水彩画や油絵のようなタッチのイラスト制作

1,000種類を超えるカスタムブラシに対応しているので、ペイントや描画なども可能。ポスターやバナー、Webサイトなど幅広い用途で活躍します。
あわせて読みたい
Photoshopができることは?使い方を5つに分けて徹底解説 ・Photoshopってなに? ・Photoshopの機能を知りたい ・Photoshopをお得に使う方法はあるの? 「Photoshopがいいって聞くけど、実際にどんな機能があるのか知りたい」と...

Lightroomでできること

Lightroomとは、色調補正や写真の管理、共有ができるソフトです。

【Lightroomでできること】

・明るさやコントラストの調節

・彩度の調節

・露出や色被りの修正

・ウォーターマークを挿入して著作者保護

プロが作成したプリセットを利用して色調補正をすることも可能。プロが演出する世界観を簡単に反映できるため、クオリティの高い作品に仕上がります。

LightroomとLightroom Classicの違い

「Lightroom」はクラウドベースのソフトなので、デスクトップやモバイル端末、Webのどれでも動作します。一方で「Lightroom Classic」は、デスクトップ中心のソフトです。

【LightroomとLightroom Classicの違い】

Lightroom Classic Lightroom
写真を加工する場所 デスクトップのみ デスクトップ、モバイル、web
オリジナルの場所 ローカルハードディスク クラウド
ファイルバックアップ 提供なし 自動
操作の簡潔性 幅広い知識が必要 直感的で簡潔
写真の整理と検索方法 キーワード入力 自動タグ付けおよびインテリジェントサーチ搭載

「Lightroom」と「Lightroom Classic」の大きな違いとして挙げられるのがファイルの保存場所です。

【Lightroom Classic:ローカルハードディスクのメリット】

・HDDやSSDを増設すれば保存容量に制限がなくなる

・オフラインでもすべてのファイルにアクセスできる

・アップロードとダウンロード時間に遅延がない

【Lightroom:クラウドのメリット】

・自分でバックアップする必要がない

・さまざまな端末からファイルにアクセスできる

・PCの容量を圧迫しない

・インテリジェント検索ができるのでデータの管理がラク

Adobeフォトプランの料金価格!単体プランとの違いは?

Adobeフォトプランの料金価格!単体プランとの違いは?

Adobeフォトプランは、容量によって料金価格が異なります。

【フォトプラン・Lightroomプランの比較】

フォトプラン(20GB) フォトプラン(1TB) Lightroomプラン(1TB)
価格(税込) 1,078円/月 2,178円/月 1,078円/月
Lightroom
Lightroom Classic ×
Photoshop(デスクトップ版) ×
Adobe Portfolio
プレミアム機能を備えたSpark
クラウドフォトストレージ 20GB 1TB 1TB

各プランの大きな違いはクラウドフォトストレージの容量です。Adobeフォトプランはオンラインストレージを活用するため、スマートフォンやタブレット端末から写真の閲覧や編集ができます。

モバイル端末から簡単に写真にアクセスできる手軽さは魅力ですが、保存できる容量が限られるため、頻繁に使用するなら1TBプランがおすすめです。

\ まずは無料体験版から /

フォトプランはPhotoshopとLightroomの単体プランよりもお得

Adobeの単体プランとフォトプランの違いは、ずばり料金です。

ソフト名 価格(税込)
フォトプラン 1,078円/月
Photoshop(単体プラン) 2,728円/月
Lightroom(単体プラン) 2,728円/月

このようにPhotoshopとLightroomの単体プラン2種類を契約すると、毎月5,456円かかります。一方で、PhotoshopとLightroomがセットになっているフォトプラン(20GB)は、毎月1,078円で利用可能です。

【年間で算出】

・フォトプラン:12,936円

・Photoshop、Lightroom単体プラン:65,472円

差額:52,536円

つまり、PhotoshopとLightroomを利用したいなら単体プランではなく、2つのソフトがセットになっているフォトプランがお得なのです。

\ まずは無料体験版から /

Adobeフォトプランは7日間の無料体験を提供している

Adobeフォトプランは7日間の無料体験を提供している

Adobeフォトプランは7日間の無料体験を提供しているので、購入前に機能や使用感を確かめることができます。

【Adobeフォトプラン:無料体験版の特徴】

・無料体験版はサブスクリプション版と同じ機能が利用できる

・無料体験期間は登録完了日から7日間

・無料体験期間が終了すると自動でサブスクリプションに移行する

・無料体験期間中はいつでも解約可能であり、料金は発生しない

・PCとiPadのみ利用可能

Adobeフォトプランの無料体験版を利用する方は、以下のページからアクセスしてみてください。

\ まずは無料体験版から /

Adobeフォトプランの2つの購入方法

Adobeフォトプランの2つの購入方法

【Adobeフォトプランの購入方法】

・Adobe公式サイトで購入する

・Amazonで購入する

①Adobe公式サイトで購入する

Adobeのフォトプランを購入するなら、Adobe公式サイトからの購入がおすすめです。

【Adobe公式サイトから購入するメリット】

・購入手続きからインストールまでが簡単

・最新バージョンなのでセキュリティや技術サポートが充実している

・7日間の無料体験を利用できる

Adobe公式サイトは常に最新版ソフトを提供しているので、中古品や旧バージョンと比べてセキュリティサポートや機能性が優れています。

中古品や旧バージョンは最新のOSに対応していなかったり、悪質なマルウェアやウイルスに感染したりと、さまざまなリスクもあるので購入はおすすめできません。

Adobeソフトの購入を検討しているなら、必ず最新バージョンをインストールできる公式サイトを利用しましょう。

\ まずは無料体験版から /

②Amazonで購入する

Adobe_フォトプラン_Amazonで購入する

Amazonを始めとするオンラインショップでもAdobeフォトプランを購入できます。

メリット デメリット
・amazonギフト券を決済手段として使える

・ポイントの割引を使える

・クレジットカード払いができない人も購入できる

・12〜36ヶ月を選択できる

・パッケージコード版は郵送なので通常2〜3日かかる

・郵送の場合はコードを紛失するリスクがある

オンラインショップはamazonギフト券など独自の決済手段に対応しているのがメリットです。しかしパッケージコード版はカードが郵送されるため、実際にPhotoshopやLightroomが使えるのは数日後からになります。

オンラインショップでフォトプランを購入するときに気をつけるべきポイントは、以下の3点です。

  1. 販売元を確認する
  2. 新品のものを購入する
  3. ストレージの容量を確認する

Adobe_フォトプラン_正規販売店の確認

正規販売店と偽って、中古品やウイルスなどを仕込んだ商品を販売している可能性もあるため、オンラインショップでAdobeソフトを購入するときは必ず販売元を確認してください。

【オンラインショップ購入後の手順】

  1. 利用開始に必要なプロダクトキーが届く
  2. Adobe公式サイトにアクセスしてAdobe IDを作成する
  3. 「必要事項の入力」の案内に従い、氏名や引き換えコードを入力する
  4. 「利用開始」を選択してフォトプランをダウンロードする
パッケージコード版の場合は、郵送で商品が届く前にあらかじめAdobe IDを作成しておくと到着後の手順がスムーズになります。

Adobeフォトプランの解約とプランの切り替え方法を解説

Adobeフォトプランの解約とプランの切り替え方法を解説

・フォトプランを使ってみたけどやっぱり解約したい

・20GBから1TBのプランに切り替えたい

ここからはAdobeフォトプランの解約方法とプランの切り替え方法を解説します。

Adobeフォトプランの解約方法

【解約の手順】

  1. Adobe Accountにアクセスする
  2. 「プランを管理」の項目を選択する
  3. 「プランを解約」をクリックする
  4. Adobe IDのパスワードを入力する
  5. 解約の理由を選択して「続行」をクリックする
  6. 「解約する」をクリックする
  7. 解約手続き完了

Adobeフォトプランを解約してもLightroomのクラウドにある画像は1年間保存されます。この期間中は解約後でもLightroomを起動してクラウドから画像をダウンロードできます。

クラウドストレージを20GBから1TBにプラン変更する方法

クラウドストレージの空き容量がなくなると、Adobeから容量不足のメッセージが届きます。バックアップ機能を正常に使いたいなら、20GBから1TBにアップグレードしましょう。

クラウドストレージが上限に達してもデスクトップのLightroomに写真を読み込むことはできますが、保存先はローカルドライブのみとなります。(バックアップも不可)

【フォトプラン変更する手順】

  1. Adobe Accountにアクセスする
  2. 「プランを管理」または「プランを表示」を選択する
  3. 「プランを変更」を選択する
  4. 新しいプランを選択する
  5. 請求頻度とストレージオプションを選択する
  6. プラン詳細を確認後、「同意して購入」を選択する

プラン変更後、既存のプランがキャンセルされて払い戻しが行われます。プランの切り替えはすぐ有効になるため、二重払いなどの心配もありません。

初めは20GBのプランに契約して、使いながら1TBプランにアップグレードするのがおすすめです。

Adobeで複数のソフトを利用するならAdobe CCがおすすめ

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver
Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy
InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension
2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了

*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円と毎月1,916円お得に使うことができます。

しかしちょっと待って下さい!実はAdobe公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を経由した方が、公式HPからを買うよりも約50%(年間で約30000円相当)安く使うことができるんです。

adobeマスター講座

Adobeマスター講座詳細について詳しく知りたい方は「AdobeCCを安く買う裏ワザ」の記事を参考にしてみてください。

\ 年間で約30,000円お得に /

まとめ

今回はAdobeフォトプランの特徴と料金価格、購入方法について解説しました。

【おさらい】

・Adobeフォトプランは「Photoshop」「Lightroom」「Lightroom Classic」がセットになったプラン

・フォトプラン(20GB)は単体プランを契約するよりもお得

・20GBよりも1TBの方が保存できるデータ量が多い

・解約やプラン変更の手続きも簡単

・Adobeフォトプランは7日間の無料体験ができる

・購入方法は「Adobe公式サイト」または「オンラインショップ」の2種類

・フォトプラン以外にもソフトを利用するならAdobe CCがおすすめ

Adobeフォトプランは、画像編集・加工、色調補正に特化したソフトだとわかりました。画像データはクラウドストレージに保存できるため、わざわざHDDやSSDを持ち運ぶ必要はありません。

PCやiPadなどさまざまなデバイスから自分のデータにアクセスできるため、自分の好きなタイミングで画像編集・加工、色調補正を楽しめます。

Adobeフォトプランを利用してみたいと気になった方は、ぜひAdobe公式サイトから7日間の無料体験版を実施してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる