Adobeライセンスは複数台で使える?2台目のPCで使用する方法

・Adobeのライセンスは複数台で使うことはできるの?

・Adobeソフトを2台目のPCでインストールできるの?

・法人の場合はどんな共有方法がおすすめ?

Adobeライセンスを2台目のPCで使いたいけど、方法が分からないと困っている方もいるでしょう。

本記事では、Adobeライセンスを2台目のPCで使用する方法と注意点について解説します。

この記事を読むことで、Adobeのライセンスに関する疑問を解決することができますよ。

目次

Adobeライセンスは複数台で使える!最大2台までインストール可能

Adobeライセンスは複数台で使える!最大2台までインストール可能

Adobeは1つのライセンスで最大2台のPCにソフトをインストールできます。

つまり、会社用と自宅用のPCにAdobeのソフトを入れておくことができるのです。同じAdobe IDならデータの同期も可能。Adobeソフトを使うために、わざわざ会社に出勤する必要もありません。
Adobeのアプリを同時に使用できるのは1台のPCのみなので、会社用のPCと自宅用のPCを同じタイミングで使用できません。

Adobeライセンスを2台目のPCで使用する方法

【Adobeライセンスを2台目のPCで使用する手順】

  1. Adobe公式サイトにアクセスする
  2. アプリ検索をクリック
  3. Creative Cloudのアイコンを選択してログアウトする
  4. 別のデバイスから「Adobe ID」と「パスワード」を入力する

①Adobe公式サイトにアクセスする

まず始めに、Adobe公式サイトにアクセスします。

画面右上にある「ログイン」をクリックして、ライセンスが紐づけられたAdobe IDとパスワードを入力してログインしてください。

adobe_ライセンス_2台_ログイン

Adobeにログインするためには、あかじめ各種プランを購入しておく必要があります。

プラン購入時に使用したメールアドレスが「Adobe ID」です。必ず1台目で使っていたものと同じ「Adobe ID・パスワード」で2台目にログインしてください。

Adobe IDを忘れてしまった場合の対処法

デスクトップにある「Adobe Creative Cloud」アイコンをダブルクリックしてAdobeを起動します。

続いて右上にある青いプロフィールアイコンをクリックすると、以下画像のような画面が出てきます。

adobe_ライセンス_2台_idの確認

黒く塗りつぶしてあるところが、約者の氏名とメールアドレス(Adobe ID)です。

②「アプリの検索」をクリックする

デスクトップにある「Adobe Creative Cloud」アイコンをダブルクリックしてAdobeを開くと、インストール済み、またはインストールできるアプリが表示されます。

adobe_ライセンス_2台_アプリの検索をクリック

Adobeのライセンス取得後にソフトのイントールをしていない方は、該当するソフトを選択してインストールしましょう。

また、ダウンロードしたファイルが見つからない場合は、以下の操作を行ってください。

【Google Chrome】

  1. 画面右上の「Google Chromeの設定」ボタンをクリックして「設定」を選択する
  2. 画面最下部の「詳細設定を表示」をクリックする
  3. ダウンロードセクションの「ダウンロード保存先」フィールドに表示されているフォルダーから見つける

【Safari】

  1. Safariメニューから「環境設定」を選択する
  2. 「一般」タブの「ダウンロードしたファイルの保存先」フィールドに表示されているフォルダから見つける

【Firefox】

  1. 画面右上のメニューから「オプション」を選択する
  2. ダウンロードセクションの「次のフォルダに保存する」フィールドに表示されているフォルダから見つける

【Internet Explorer】

  1. 画面右上のツールメニューから「ダウンロードの表示」を選択する
  2. ウィンドウ左下の「オプション」をクリックする
  3. 「既存のダウンロードフォルダー」に表示されているフォルダから見つける

③Creative Cloudのアイコンを選択してログアウトする

Adobeソフトのインストールが完了したら、再度デスクトップの「Adobe Creative Cloud」アイコンをダブルクリックしてAdobeを開きます。

adobe_ライセンス_2台_ログアウト

右上にある青いプロフィールアイコンをクリック後、「ログアウト」をします。

また、ログアウトする前に必ずライセンスが紐づいている「Adobe ID」と「パスワード」を確認しておきましょう。

④別のデバイスから「Adobe ID」と「パスワード」を入力する

ライセンスが紐づいたアカウントからログアウトしたら、2台目のPCからAdobe公式サイトにアクセスします。

そして、手順①と同様に「Adobe ID」と「パスワード」を入力してログインします。

以上がAdobeライセンスを2台目のPCで使用する方法です。

Adobeライセンスを2台目のPCで使用するときの注意点

Adobeライセンスを2台目のPCで使用するときは、以下の項目に注意しておきましょう。

【注意点】

  1. 2台のPCで同時にAdobe CCのアプリケーションを起動することは認められていない
  2. 2台目にインストールしたAdobe CCアプリケーションを他のユーザーが使用することは認められていない

複数のPCでログインすると、「ライセンス認証の制限値に到達しました」または「ログイン失敗」のエラーが発生します。

3台目のPCでAdobe CCを利用したいなら、1台目と2台目のいずれかのPCからログアウトしましょう。

法人版のAdobe Creative Cloudは効率的な共同作業ができる

法人版のAdobe Creative Cloudは効率的な共同作業ができる

法人版Creative Cloudは、共同作業を効率化するために誕生したプランです。小〜中規模企業向けのグループ版と、大規模な組織向けのエンタープライズ版の2種類あります。

【個人版とグループ版の違い】

個人版 グループ版
対象 個人 ・個人事業主

・中小企業

・組織(1〜100人)

見積もり オンライン・電話
支払方法 ・クレジットカード

・銀行

・コンビニ決済

・請求書払い

・クレジットカード

・銀行振込

ライセンス管理
データセキュリティ 伝送データの暗号化 伝送データの暗号化
ストレージ容量 100GB 1TB〜
サポート カスタマーサポート プレミアムサポート

WebベースのAdmin Consoleを使用することで、グループ内のライセンスの割り当てがスムーズになります。

個人版のようにログアウトとログインを繰り返す必要がないため、Adobeソフトを活用した作業スピードが格段にアップします。

Admin Consoleとは?

Admin Consoleとは、Adobe CCエンタープライズ版を管理するためのツールです。組織内のライセンス管理やAdobeサポートへの問い合わせなどができます。

法人版Creative Cloudは、さまざまな業界・業種で活用されています。

【導入事例】

・「シン・エヴァンゲリオン劇場版」

・株式会社 テレビ東京

・合同会社DMM.com

・株式会社AbemaTV

・株式会社博報堂アイ・スタジオ

など

他にも小売業や製造業、情報・通信などの現場でも導入されています。

法人版Creative Cloudについて詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

\ まずは無料体験版から /

最大3万円お得に使える裏ワザはこちら

まとめ

今回はAdobeライセンスを2台目のPCで使用する方法について解説しました。

【おさらい】

・Adobeライセンスは最大2台のPCで使用できる(個人版)

・2台のPCで同時にAdobe CCのアプリケーションを起動することは認められていない

・2台目にインストールしたAdobe CCアプリケーションを他のユーザーが使用することは認められていない

・法人版Adobe CCは効率的な共同作業ができる

会社用と自宅用のPCにAdobeソフトをインストールしたいなら個人版がおすすめ。一方で、会社やグループで使用するなら法人版が適しています。

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる