Adobeソフトの中で買い切り版はある?お得に利用する方法も解説

  • Adobeの買い切り版ソフトがあるのか知りたい
  • Adobeソフトをお得に利用する方法を知りたい
  • 動画編集やイラスト制作、画像編集ができる買い切り版ソフトはあるの?

こんな悩みに答えます。

「Adobeソフトを使ってクリエイティブな仕事がしたい」と思っている方の中には、上記のような悩み・疑問を抱えている方は多いでしょう。
そこで今回は、Adobeが提供している買い切り版ソフトの種類や、サブスクリプション(月額制)プランをお得に利用する方法について解説します。

またAdobeソフト以外でおすすめの買い切り版ソフトを「動画編集・イラスト制作・画像編集」別に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Adobeは一部のソフトを除いて買い切り版を廃止

Adobeは一部のソフトを除いて買い切り版を廃止

Adobeは一部を除いて買い切り版ソフトの販売を廃止しています。

数年前までは買い切り版ソフトが販売されていましたが、2013年以降からサブスクリプション(月額制)プランに移行。PhotoshopやPremiere Pro、Illustratorなどのソフトはサブスクリプションのみ対応しています。

【Adobeが買い切り版を廃止した理由】

①海賊版ソフトの流通

海賊版とは、データを無断で複製して製造・流通させた違法な製品です。Adobeソフトだけではなく、音楽や映画などの海賊版が社会問題となりました。

オンラインショップでは、中古品として買い切り版が販売されていることもありますが、マルウェアやウイルスが仕組まれている可能性もあるのでとても危険です。
Adobe公式サイトでは、以下のような注意換気がされています。

アドビのソフトウェアは、一部製品を除き、第三者への譲渡・販売を禁止しています。譲渡が可能な製品についても、中古販売会社やインターネットオークションサイトで扱われている中古品とされているソフトウェアには、偽造品、非正規品が多く含まれていることが確認されています。このような製品にはセキュリティとコンプライアンスのリスクが伴います。

引用:クラック版や中古品に関するご注意

ウイルスやスパイウェアによってクレジットカード番号や個人情報が漏えいするリスクもあるため、Adobeソフトを購入するときは正規店から最新版を購入するのがおすすめです。

②各種バージョンアップがしやすい

時代の流れとともにAdobeの各種ソフトも常にバージョンアップしています。買い切り版の場合はセキュリティのアップデートや技術サポートの提供がないため、安全に使用できるとは言えません。

一方でクラウドサービスであれば各種アップデートに対応しているため、セキュリティやバグの発生時も安心です。

また、現在はサブスクリプションプランが主流となっているため、買い切り版ソフトに関する情報収集が難しくなっています。

買い切り版ソフトのバグを修正しようと思っても古い情報ばかりで役に立たないはずです。

このように、安全性や技術サポートを比較するとサブスクリプションの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。

Adobeの買い切り版ソフトは2種類ある

Adobeの買い切り版ソフトは2種類ある

Adobeの買い切り版ソフトは2種類あり「Premiere Elements」と「Photoshop Elements」です。

【Adobeが販売している2種類の買い切り版ソフト】

・Premiere Elements

・Photoshop Elements

Adobeは一般的なソフトの他にも「Elementsファミリー」と呼ばれるソフトも手がけています。

Elementsは、機能や作業スペースを省略することで初心者でも使いこなせる仕様になっているのが特徴です。

それぞれサブスクリプションソフトとの違いについて解説していきますね。

Premiere ProとPremiere Elementsの違い

adobe買い切り_Premiere ProとPremiere Elementsの違い

【Premiere ProとPremiere Elementsの違い】

・プロ向けか初心者向けか

・搭載されている機能

・料金

①プロ向けか初心者向けか

Premiere ProとPremiere Elementsはどちらも動画編集ソフトですが、対象者が異なります。

・Premiere Pro:初心者〜上級者

・Premiere Elements:初心者

Premiere Proは動画編集に必要な全ての機能を搭載したソフトです。スライドショー制作やVLOG、3DやCGを使った動画制作もできます。

一方で、Premiere Elementsはメニューボタンやガイド表示など、初心者を想定した機能を搭載しています。

手軽に動画制作ができるのは魅力ですが、エフェクトやトランジション、カラー補正などの細かい調節ができません。

作品づくりにこだわりたいなら、Premiere ElementsよりもPremiere Proがおすすめです。

②搭載している機能

Premiere Elementsは、誰でも簡単にクオリティの高い動画を作れる「自動編集」機能を搭載しているのが魅力です。

【自動編集の特徴】

・エフェクトやトランジションの効果をリアルタイム表示できる

・ノイズ軽減エフェクトの搭載

・各種エフェクトによってシネマティック風の映像表現ができる

・AI技術であるスマートトリミングを搭載

・アニメーションマットオーバーレイの搭載

初心者向けに機能を落としているのではなく、より簡単にクオリティの高い動画が作れるようになっています。

③料金プラン

Premiere ProとPremiere Elementsの大きな違いは料金プランです。

・Premiere Pro:サブスクリプション

・Premiere Elements:買い切り

冒頭でも述べた通り、Adobeは一部ソフトを除いてサブスクリプションに移行しています。その一部のソフトこそ「Elements」なのです。

【Premiere Proのプラン】

プラン 料金
年間プラン(月払い) 2,480円
年間プラン(一括払い) 26,160円
月契約 3,480円

【Premiere Elementsのプラン】

プラン 料金
Premiere Elements 19,580円(買い切り)

一般的な買い切り版ソフトの場合はセキュリティや技術サポートのアップデートに対応していないことも珍しくありません。しかしAdobeの「Elements」シリーズではソフトのアップデートに対応しているのです。

【Premiere Proはこんな人におすすめ】

・定期的に動画編集の仕事をする人

・3DやCGなど凝った演出をしたい人

・動画クリエイターとして活動したい人

\ まずは無料体験版から /

プレミアプロでできることを解説してみた

【Premiere Elementsはこんな人におすすめ】

・手軽にクオリティの高い動画を作りたい人

・少しでもコストを抑えたい人

\ 趣味で使いたい人向け /

またPremiere ProとPremiere Elementsの違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
あわせて読みたい
Adobe Premiere ProとPremiere Elementsの違いを徹底解説 ・Adobe Premiere ProとPremiere Elementsは何が違うの? ・動画編集のスキルを身につけたいならどちらを使うべき? ・Adobe Premiere ProとPremiere Elementsは無料で...

PhotoshopとPhotoshop Elementsの違い

adobe買い切り_PhotoshopとPhotoshop Elementsの違い

【PhotoshopとPhotoshop Elementsの違い】

・料金プラン

・機能

・作業画面

※料金プランについては、【Premiere ProとPremiere Elementsの違い】の章でも解説しているため割愛します。

①機能

PhotoshopとPhotoshop Elementsは機能が大きく異なります。具合的には以下のような機能が使えません。

【Photoshop Elementsでできないこと】

・トーンカーブを使ったコントラストの調節

・印刷用カラーモード「CMYK」

・16bitモードの画像編集

・ぼかし機能の種類が少ない

・扱えるデータが少ない

・保存できる画像形式が少ない

・スマートオブジェクトが使えない

・HDR合成ができない

・クイックマスクモードが使えない

・3D系の画像編集ができない

など

機能が豊富なのはPhotoshop。一方で、Photoshop Elementsはあらゆる機能が簡素化されているため、初心者にとっては使いやすいと感じるでしょう

どちらが優れているというわけではなく、用途や目的によって選ぶソフトが異なります。

今後、画像編集の仕事をしたい人や高度な編集ができるようになりたいと思っているならPhotoshopがおすすめです。

②作業画面

Photoshopはあらゆる機能が搭載されているため、作業画面も複雑になっています。慣れるまでに時間がかかりますが、扱っていくうちに細かい作業もできるようになります。

一方で、Photoshop Elementsは作業画面がシンプルなのが特徴。初めて使用する方も直感的に操作できるはずです。また、Photoshopにも自動編集機能が搭載されているため、作業がはかどります。

【Photoshopはこんな人におすすめ】

・高度な画像編集機能を求めている人

・仕事として画像編集を行う人

\ まずは無料体験版から /

フォトショップできることを解説してみた

【Photoshop Elementsはこんな人におすすめ】

・簡単な画像編集機能だけで十分な人

・スマートフォンなどで撮影した画像を編集したい人

・少しでもコストを抑えたい人

\ 趣味で使いたい人向け /

Adobeの買い切り版を購入する前に無料体験を使ってみよう

Adobeの買い切り版を購入する前に無料体験を使ってみよう

・買い切り版のソフトで失敗したくない

・実際にPremiere ElementsとPhotoshop Elementsを使ってみたい

Adobeは買い切り版を使うか使わないか悩んでいる人もいると思いますが、Adobeはそんな人の為に無料体験版が使えるようになっています。

【Elementsの無料体験版】

・Elementsシリーズの無料体験期間は30日間

・モバイルには対応しておらずPCが必須

通常、Premiere ProやPhotoshopの無料体験期間は登録日から7日間です。一方で、Elementsシリーズの無料体験期間は30日間と長いのが魅力。じっくり使って購入の判断ができます。

まずはElementsシリーズの無料体験を行なって、機能に物足りなさを感じたら単体プランの無料体験を利用してみましょう。

3種類以上のソフトを使うならAdobe CCがおすすめ

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver
Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy
InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension
2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了

*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けのプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】

ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円と毎月1,916円お得に使うことができます。

しかしちょっと待って下さい!実はAdobe公式サイトで購入するよりも、デジハリのAdobeマスター講座を経由した方が、公式HPからを買うよりも約50%(年間で約30000円相当)安く使うことができるんです。

adobeマスター講座

Adobeマスター講座詳細について詳しく知りたい方は「AdobeCCを安く買う裏ワザ」の記事を参考にしてみてください。

\ 年間で約30,000円お得に /

【クリエイター向け】Adobe以外に買い切りできるソフト3選

・Adobe以外で買い切りできるソフトを知りたい

・なるべく導入コストを減らしたい

ここからはAdobe以外でおすすめの買い切りできるソフトをご紹介します。「動画編集・イラスト制作・画像編集」別にご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

動画編集|Final Cut Pro

adobe以外の買い切り_動画編集|Final Cut Pro

・Appleが開発と販売を手がける動画編集ソフト

・Mac OS向けなのでWindowsには対応していない

・基本的な機能からクリエイター向けの本格的な機能まで搭載している

・90日間のフリートライアル版を提供している

・高度なカラーグレーディングも可能

あわせて読みたい
Final Cut Proの使い方は?実際にできることから他社ソフトとの比較まで解説 日本でもトップクラスの人気を誇る「Final Cut Pro」。動画編集ソフトとして有名ですが、どんな優れた機能があるか知っていますか。 そこで今回は、Final Cut Proででき...
あわせて読みたい
【動画編集ソフト】Final Cut ProとAdobe Premiere Proを徹底比較 「Final Cut Pro」と「Adobe Premiere Pro」はとてもポピュラーな動画編集ソフトです。 動画編集ソフトを使用したいと考えているものの「この2つのソフトの違いがあまり...

イラスト制作|Procreate

adobe以外の買い切り_イラスト制作|Procreate

・Savage Interactive Pty Ltd.が開発したiPad専用のイラスト制作ソフト

・数百にも及ぶ手作りのブラシ、アートツール、高度なレイヤーシステムを搭載している

・プロのイラストレーターも愛用している

画像編集|Luminar

adobe以外の買い切り_画像編集|Luminar

・AI技術を活用して素早くポートレートを修正する

・自然な太陽光線や合成を作り出す

・ワンクリックで不要なオブジェクトを削除できる

・PhotoshopとLightroomのいいとこどりをした仕様

・日本語をはじめ10言語に対応している

まとめ

今回はAdobeソフトの買い切り版について解説しました。Adobeは一部ソフトを除いて買い切り版を廃止しています。

【おさらい】

・Adobeソフトのなかで買い切り版は「Premiere Elements」と「Photoshop Elements」の2種類

・買い切り版を廃止したのは「海賊版の流通」が大きな原因

・Elementsシリーズは機能を簡素化することで初心者が使いやすくなった

・Elementsシリーズの無料体験期間は30日間

・3種類以上の単体ソフトを利用するならAdobe CCがお得

・Adobe以外にも買い切り版を販売している会社はある

買い切り版ソフトは、単体ソフトに比べてリーズナブルなのがメリットです。少しでもコストを抑えたいと思っている方は、Elementsシリーズがおすすめです。

またAdobe Elementsシリーズは無料体験版を提供しているため、購入前に使用感や機能を試すことができますよ。

最後になりますが、プレミアプロのできることや、細かい動作の使い方については「Premiere Proでできることは?初心者が知りたい使い方の全知識」にて纏めております。

またAdobeのソフト「After Effects」と連携すると「文字が躍る」「エンドロールやタイトル」「アニメーション化」などの「魔法のような演出」を行うことが可能です。

よりハイクオリティな動画を作りたいと感じている方は「After Effectsの無料体験版を使う方法」を参考に無料で体験してみてはいかがでしょうか。

動画編集の機能に不満を感じていませんか?

  1. After Effectsは、プレミアプロと連携して、まるで映画のようなイントロやトランジションを作成でき、エヴァンゲリオンなどの映画の編集にも使われました。モーショングラフィックスとVFXを駆使して、あらゆるアイデアを思い通りに表現することが可能です。無料体験版がありますので、まずはその機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる