Adobeのクラックはバレる?代わりに使える動画編集ソフトも紹介

[box class=”box3″]

  • Adobeのクラックとは何か知りたい
  • Adobeのクラックは違法?
  • Adobeのクラックはバレる?

[/box]

こんな悩みに答えます。

[box class=”box3″]Adobeのクラックについて認知しているものの「違法なのかどうか」「使っていいのか」を知りたい人は多いのではないでしょうか?[/box]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]本記事では、Adobeのクラックの違法性や基本事項まで細かく解説していきます。[/say]

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。

目次

Adobeのクラックとは?

クラックとはクラッキングとも呼ばれ、ネットワークに繋がれたシステムへ不正に侵入し、コンピュータを不正に利用することです。

不正に利用することで、コンピュータのシステムを破壊したりすることもできます。

でも、クラックを利用して見つかることってあるの?正直ばれない気もするんだけど…。

クラックがばれるかは「Adobeのクラックはバレる?」で解説していきます。

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg” from=”right”]Adobeのクラックは、Adobeの製品を不正に利用したりソフトを使えなくさせるっていうことかな?[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]Adobeのクラック種類・クラックされるソフトなどを解説していきます。[/say]

Adobeのクラックの種類

Adobeのクラックは、基本的にはシステムの破壊ではなく不正利用でよく利用されます。

不正利用ってことは、Adobeのソフトを無料で利用しているってことか。

[box class=”box3″]基本的にAdobeの製品は、1週間の無料体験がありその後は有料でしか利用することができません。[/box]

しかし、クラックであれば永久に使用可能になってしまいます。

また、主にクラックされているAdobe社のソフトはこちらの3つです。
[box class=”box3″]

  1. Photoshop
  2. Illustrator
  3. Premiere Pro

[/box]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg” from=”right”]クラックは分かったけど、Adobe社のソフトは何があるのかわからない。[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]上記のソフトを詳しく解説していきます。[/say]

Photoshop

1つ目にご紹介するAdobe社のソフトは「Photoshop」です。

主な特徴はこちらになります。
[box class=”box3″]

  • 画像編集を得意とするソフト。
  • 写真の色変更・切り抜き・写真の一部を削除など、画像編集であればできないことはないほど優れた性能。
  • Photoshop単体だと月額2,480円。フォトプランというプランを利用すれば月額980円で利用可能。

[/box]

写真の一部を削除できるってなると、SNSで見る画像ももしかしたら加工されてあるものなのかも…。

Photoshopの詳しい特徴・性能などはこちらの記事を是非閲覧してみて下さい。

[card2 id=”1124″]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg” from=”right”]特徴3つ目の、フォトプランって何?[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]Photoshop・Lightroom・Lightroom Classicの3つを利用することができるプランになっています。[/say]

 

[box class=”box3″]Lightroom Classic⇒画像などを管理することができるソフト。デスクトップのみでしか動作しない。

Lightroom⇒Lightroom Classicと同じ機能。こちらはデスクトップ・モバイル・webのどこでも動作することができる。
[/box]

画像編集などをする方は、こちらのプランの方が単体よりもソフトも多く、安いので利用してみて下さい。

[card2 id=”2442″]

Illustrator

2つ目にご紹介するAdobeソフトは「Illustrator」です。

主な特徴はこちらになります。
[box class=”box3″]

  • 主にロゴやデザインなどを制作することができる、ベクターイメージ編集ソフト。
  • 縮小・拡大しても画質が荒くならないベクター画像を作成することができる。
  • Illustratorで制作した画像をPhotoshopで編集することもできる。

[/box]
個人から企業まで幅広く利用されているソフトになります。

Illustratornの料金・メリットやデメリットなど詳しい情報はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

[card2 id=”1235″]

Premiere Pro

3つ目にご紹介するソフトは「Premiere ProAdobe Premiere Pro」です。

主な特徴はこちらになります。
[box class=”box3″]

  • 初心者からプロまで幅広く利用されている、本格的な動画編集ソフト。
  • YouTubeなどに操作方法やコツなどの解説動画が豊富。
  • After Effectsと連携すれば、エフェクトやアニメーションなども動画に入れることができる。

[/box]

After Effects⇒エフェクトやアニメーションなどを制作することができるAdobe社のソフト。

[/box]
YouTubeの解説動画も豊富で初心者の方でも始めやすいソフトなので、是非利用してみて下さい。

Premiere Proの詳しい性能・料金やAfter Effectsの連携方法は、こちらの記事を参照してみて下さい。

[card2 id=”190″]

高性能なソフトだからこそ、クラックされるんだろうな。でも自宅のPCならクラックをバレずに使えそうじゃない?

クラックはバレるのか、ご説明いたします。

Adobeのクラックはバレる?

クラックとは言っても、ソフトの画面は正規品と変わらないし案外バレないんじゃないのかな?

実は、クラックはAdobe社にバレます。正規ルートで購入されていないソフトだと警告が表示され使用不可になることもあります。

詳しい内容なAdobe公式HPをご覧ください。

実際にクラックを利用したことがバレて逮捕されたケースがあります。

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]クラックは立派な犯罪です。絶対に購入・利用するのはやめましょう。[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg” from=”right”]クラックは犯罪だし絶対に使用しないけど、Adobeのソフトを無料でソフトを使える方法はないかな?[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]合法的に永久無料で使用する方法があるのか、その疑問を解決いたします。[/say]

Adobeのクラックを利用しないで無料で使用する方法

結論から言いますと、Adobeのクラックを利用しないで無料で永久的に使用する方法はありません。

しっかり、1週間の無料体験後はソフトを購入して利用しましょう。

さっき紹介してくれた「Photoshop」「Illustrator」「Adobe Premiere Pro」の料金が知りたい。

先ほどご紹介したAdobe社のソフトは、単体の場合全て同じ料金・プランになります。

プラン 月費用 年間費用
年間プラン(一括) 2,180円 26,160円
年間プラン(月々) 2,480円 29,760円
月額プラン 3,480円 41,760円

また、Adobe社のソフトを全て利用することができる「Creative_Cloudコンプリートプラン」があります。

Creative Cloudコンプリートプランの料金はこちらになります。

プラン 月費用 年間費用
年間プラン(一括) 5,480円 65,760円
年間プラン(月々) 5,680円 68,160円
月額プラン 8,980円 107,760円

あれ、全てのソフト使える割には安いな…。

Adobe社のソフトを3つ以上購入される方は、是非「Creative Cloudコンプリートプラン」を検討されてみてはいかがでしょうか。

Creative Cloudコンプリートプランの詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

[card2 id=”938″]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg” from=”right”]やっぱりお金あまりかけれないし、Adobeの製品の代わりになる無料ソフトってないのかな?[/say]

[say name=”” img=”https://adobe-web.jp/wp-content/uploads/2021/08/cropped-premiere-text_1.jpg”]「デザイン系」「映像系」の2種類で、代替することができるおすすめのソフトがあります。[/say]

Adobeのクラック以外で代替できる無料使用可能なソフト

代替することができるソフトをご紹介していきます。

デザイン系

Photoshopなどのデザイン系の代替になるソフトは「GIMP」です。

主な特徴はこちらになります。
[box class=”box3″]

  • オープンソースで開発された画像編集ソフト。
  • 文字入れ・一部削除・被写体コピーなど基本的な画像編集を無料で利用することができる。
  • 対応OSはMac・Windows・Linux。

[/box]
でもサイトを見たけど英語だったし、画像編集なんてしたことないから私には使えなそう。

GIMPの使い方については、こちらの解説動画を参考にすれば初心者の方でも利用することができます。

映像系

Premiere Proなどの映像系の代替になるソフトは、「Shotcut」です。

主な特徴はこちらになります。
[box class=”box3″]

  • カット・テロップ・連結・BGMの挿入など基本的な動画編集機能が備わっている。
  • 色調節・音声加工・ノイズ除去などもできる。
  • 対応OSはMac・Windows・Linux。
  • 完全無料で使用することができる。

[/box]
こちらのソフトも、映像系の代替ソフトでご紹介したGIMP同様、海外のソフトになります。

全く動画編集したことがないから、何かおすすめの解説動画とかない?

初心者におすすめの解説動画がこちらになります。

ダウンロード方法から基本的な操作まで、細かく丁寧に解説されています。是非参考にしてみて下さい。

まとめ

今回は、Adobeのクラックはバレるのかを徹底解説し、Adobeソフトの代替になるソフトをご紹介していきました。

最後になりましたが、本気で動画編集を行っていきたいと感じているのならAdobe Premiere Proがおすすめです。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは動画・映像制作の現場から、有名Youtuberの動画編集まで、幅広い分野使われています。

何より利用者が多いので、使い方に困った時GoogleやYouTubeで検索をかけることによって、ほとんどの疑問を解決することが可能です。

もし「動画編集ソフトに悩みを感じている」「動画編集ソフトに迷っている」と感じている方は、体験版を利用することで、悩みを解決することができますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる