Adobe Animateでできることは?使い方や機能・料金価格を解説

Adobe社の製品といったら、Premiere ProやAfter Effectsの動画編集に使うソフトやPhotoshop・Illustratorなどのデザイン系が有名です。

実は、Adobe社の製品にはアニメーションを自作することができるソフトがあります。

After Effectsではなく、アニメーションを制作するための専用ソフト「Adobe Animate」があります。
今回はAdobe Animateの使い方や機能・料金などを徹底解説していきます。
目次

Adobe Animateとは?After Effectsとの違い

Adobe Animateとは?After Effectsとの違い

Adobe Animateのは動画やゲームのHTML5を中心としたオーサリング・ソフトです。

After Effectsとよく混同されるので、違いをご紹介していきます。

After Effectsとは

After Effectsとは

After Effectsは、映像にエフェクトをかけるソフトです。

YouTubeなどのオープニングや映像の繋ぎ目・テロップなどに使用されることが多いです。
【After Effectsの特徴的な機能】

  • VFX
  • モーショングラフィックス
  • 3Dトラッキング
  • テンプレートを使った映像表現
  • Premiere Proとの連携

特徴的な機能は上記の通りで、基本的に「動画編集に一手間加えてクオリティを向上させるソフト」という認識で問題ありません。

After Effectsの細かい情報についてさらに知りたい方は「After Effectsにできること」の記事に纏めておりますのでご参考下さい。

Adobe Animateとは

Adobe Animateとは

Adobe Animateとは既存の映像にエフェクトをかけるのではなく、動かすキャラクターなどを1から制作できるソフトです。

また、インタラクティブなものを作成することができます。

インタラクティブ…?
簡単に言いますと、ゲームによくある自分の選択で物語が変わるようなユーザー操作が可能なアニメーションを作成することができます。
実際に作成する際はプログラムを組む必要があるので、かなり難易度は高いです。

Adobe Animateでできることは?具体的に何ができるかを5つ紹介

Adobe Animateでできることは?具体的に何ができるかを5つ紹介

After Effectsとの違いは分かったけど、実際にAdobe Animateは何ができるのか知りたい。

Adobe Animateを使ってできることは下記の通りです。

  • ベクターとパターンブラシでアニメーションを描画
  • 手描きのスケッチからアニメーションを作成
  • Animateでの描画
  • ブラシツールを使用して描画
  • 様々な画面サイズに合わせたアニメーションの制作

基本的にアニメーションのことであればどんな物でも制作可能です。全てAdobe公式HP「Animateチュートリアル」に解説があるので、是非参考にしてみて下さい。

Adobe Animateを使う2つのメリット

Adobe Animateを使う2つのメリット

次にAdobe Animateを使うメリットを2つご紹介していきます。

Illustratorと組み合わせてお洒落なアニメーションを作れる

Adobe Animateは、Illustratorと組み合わせることで、自由自在にお洒落なアニメーションを作成することが可能です。

Illustratorとは、Adobe社が提供しているベクターイメージ編集ソフト。主にイラストやロゴの作成などに使用されます。

IllustratorやAdobe Animateは正直かなり使うのが大変なので、使い方などをしっかりマスターする必要があります。

Illustratorの簡単な使い方については「イラストレーターにできる5つのこと」の記事を参考下さい。

初心者の方でも作成しやすい

Adobe Animateはアニメーションの自体は難しいのですが、他のアニメーション制作ソフトに比べて初心者の方でも簡単に作成できるようになっています。

実際にAdobe Animateを使ったアニメーションの様子が下記の動画から分かります。

人や動物を動かすのも、慣れてくれば簡単に作成することが可能です。

Adobe Animateを使う2つのデメリット

Adobe Animateを使う2つのデメリット

メリットがある一方、Adobe Animateを使うデメリットは2つあります。

他のソフトの使い方も覚える必要がある

Adobe Animateに限ったことではありませんが、基本的に高度なエフェクトやアニメーションを作成するなら別のソフトも覚える必要があります。

基本的には、他のソフトも利用してこのようなアニメーションを作成します。
  • Photoshop・Illustratorを使った高画質・高品質アニメーション
  • Adobe Auditionを使って音声と口の動きを合わせ

Photoshopとは、主に画像を編集するビットマップ画像編集アプリケーションソフトです。詳細は「Photoshopにできること」の記事に纏めています。

Adobe Auditionとは、音声編集を目的としたデジタルオーディオエディタコンピュータープログラムソフトです。「Adobe Auditionの使い方」に詳しく纏めています。

かなり根気がいりますが、使いこなせるようになればプロ顔負けのアニメーションも制作することが可能です。

教材や解説動画が少ない

Adobe AuditionはPremiere Pro・Photoshopなどに比べて利用している方が少ないため、解説動画や教材もあまりありません。

基本的な操作についてはAnimateチュートリアルで問題ありませんが、高度な技術や汎用性の高いアニメーションは書かれていません。
そのため、ある程度基本的な操作ができるようになりましたら、独学で頑張る必要があるでしょう。

Adobe Animateは無料で使える?料金価格を解説

Adobe Animateは無料で使える?料金価格を解説

Adobe Animateの料金価格は下記の通りです。

プラン名 年間料金 月額料金
年間プラン(一括) 26,160円 2,180円
年間プラン(月額) 29,760円 2,480円
月々プラン 41,760円 3,480円

基本的に1年以上利用する可能性がある方は年間プランをおすすめしますが、無料体験版が用意されているので、まずは無料版から試してみると良いでしょう。

無料体験版の期間は7日間となりますので、使いたい機能を存分に使うことができますよ。

\ まずは無料体験版から /

Creative Cloudコンプリートプランについて

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

種類 名称 詳細
premiere pro Premiere Pro 動画編集データの加工・編集ができる映像制作ソフト
Photoshop Photoshop 写真のレタッチ・置換・合成や、グラフィックデザインができるソフト
Illustrator Illustrator ポスターやチラシ、ロゴのデザインができるソフト
After Effects After Effects デジタル合成・モーショングラフィックスができるソフト
Adobe XD Adobe XD UI/UXのデザインツールソフト
Dreamweaver Dreamweaver Webサイトやアプリのデザインを行うソフト
InDesign InDesign 印刷物のレイアウトに使うDTPソフトウェア
Lightroom Lightroom カメラマン必須の写真処理ソフト
Lightroom Classic Lightroom Classic Lightroomのデスクトップ版
Acrobat Pro DC Acrobat Pro DC PDFを編集するツール
Character Animator Character Animator アニメーション制作ソフト
Aero Aero AR制作ソフト
Animate Animate WEBアニメーションを制作するソフト
Audition Audition 音声編集ができるソフト
In Copy In Copy InDesignと連携できる文書作成・編集ソフト
Spark web Spark 簡単な画像・Webページを制作できるソフト
Premiere Rush Premiere Rush スマホでも簡易的に動画編集ができるソフト
Dimension Dimension 2Dと3Dの合成デザインツール
Bridge Bridge 画像ファイルの一括管理ソフト
Prelude Prelude ビデオのログや取り込みを行うソフト
*2021年9月8日で提供終了
*表はスクロールできます

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格事例】
ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円です。

イラストレーターやフォトショップ、Adobe XDなどのクリエイターが愛用するソフトを揃えながらも低価格を実現。3種類の単体プランを契約するよりも毎月1,916円お得です。

Adobe CCは個人プランや学生プランによって価格が異なります。Adobe CCの詳細について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【格安】Adobe CCを安く買う裏ワザ!デジハリの「Adobeマスター講座」がおすすめ こんな悩みに答えます。 Adobe CCの購入を検討しているものの「どうせ購入するなら安く買いたいけど結局どれがお得か分からない」と感じている人は多いのではないでしょ...

Adobe Animateと他のアニメ作成ソフトの比較

Adobe Animateと他のアニメ作成ソフトの比較

最後にAdobe Animateと他のアニメ作成ソフトを比較していきます。

CACANi

1つ目にご紹介するソフトは「CACANi」です。

CACANiは効率よくアニメーションを制作することに特化したソフトで、自動色彩システムなど他にはない機能があります。

しかし対応OSがWindowsのみで、更に日本語が完全に対応しておらず所々英語表記になっているのは難点です。

基本的に有料製品ですが、無料体験版もあるので参考にしてみると良いでしょう。

Blender

Adobe Animateと他のアニメ作成ソフトの比較_Blender

2つ目にご紹介するソフトは「Blender」です。

完全無料で使用することができ、有料ソフトと変わらないほど高性能ですが、機能が多すぎるので操作を覚えるのが大変です。
Blenderは3DCGソフトを主に制作できるのが特徴です。

Krita

Adobe Animateと他のアニメ作成ソフトの比較_Krita

3つ目にご紹介するソフトは「Krita」です。

Kritaは無料で使用することができるペイントソフトです。フリーソフトなのにも関わらず高性能で、且つアニメーションなどを制作することもできます。
また、対応OSは「Mac・Windows・Linux」で、日本語だけでなく70種類の言語に対応しています。

まとめ

Adobe Animateのできることや機能・価格の記事は以上です。

  • Adobe Animateのは動画やゲームのHTML5を中心としたオーサリング・ソフト
  • Adobe Animateは基本的にどんなアニメーションも作成することができる
  • Adobe Animateを使うメリットは、他のAdobe製品と連携も可能で初心者の方も作成しやすい所。
  • Adobe Animateを使うデメリットとしては、Animate以外のソフトも覚える必要があり、解説動画が少ない所
  • Adobe Animateの代替ソフトは3つ「CACANi」「Blender」「Krita」
  • 料金は最安値で月額2,180円。3つ以上ソフトを使用する場合はCreative Cloudコンプリートプランがおすすめ。

是非、Adobe Animateを使って色んなアニメーションを制作してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる